• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山田裕貴主演「闇金ドッグス4」15禁に!ヤバすぎる予告編公開

90504_01_r 12月10日(土)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開する「闇金ドッグス4」。シリーズ初の“15禁”となった本作の予告編とポスター、場面写真が公開された。

本作は、裏金融の世界を描くシリーズの第4弾。パート1、パートに続き、山田裕貴が主人公の裏金融会社の社長・忠臣を演じる。また、青木玄徳が元ホストで忠臣の相棒・司役に。

解禁された予告編では、忠臣が全裸の男性を撮影しながら取り立てる衝撃のシーンからスタート。ほかに、鬼才AV監督役の木村祐一が“あるもの”を片手に持論を語るシーンや、喫茶店店員・元子(高橋ユウ)が男に襲われるシーンなど、15禁もうなずけるハードなシーンが多々。公開された場面写真にも同様のシーンが確認できる。

「闇金ドッグス4」は、12月10日(土)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開。

「闇金ドッグス4」予告編:

公式HP:http://yamikin-dogs.com 

【STORY】
ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退して、闇金の世界へ足を踏み入た。元イケメンホストだった須藤司(青木)と共に、癖のある債務者を追い込む毎日。ある日、ヤクザ時代の大兄貴分の豊田(升毅)が10年のお勤めを経て、シャバに戻ってくる。豊田は堅気になると誓い、喫茶店で慣れない履歴書に向かう日々を過ごす。そんな豊田の姿を微笑ましく見ていた喫茶店の店員・元子(高橋ユウ)の前に、突然チンピラが現れる。元子を拉致しようとするチンピラを、圧倒的な腕力でぶっ飛ばし、元子と共に逃げる豊田。金銭トラブルを抱える元子と元ヤクザの豊田。頼る相手がいない2人は、束の間の安息を得て、共に惹かれあうのであった。幸せな時間を守る為、元子の借金を肩代わりすることを決めた豊田が向かったのは、ラストファイナンスであった。

©2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える