• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『あまちゃん』アメ女の大ヒット曲「暦の上ではディセンバー」が挿入歌に決定!!

『あまちゃん』に登場するGMT47 (c)NHK

 現在大人気放送中の『あまちゃん』(NHK総合)の劇中に登場する人気アイドルグループ「アメ横女学園芸能コース(通称:アメ女)」の大ヒット曲「暦の上ではディセンバー」が、“故郷編”の「潮騒のメモリーズ」に続く挿入歌に決定した。

 この曲はアキがメンバーのGMT47もデビューを目指し、“奈落”や路上ライブで歌っている。作詞は脚本を手掛ける宮藤官九郎、作曲はオープニング曲でも話題になっている大友良英が担当し、ドラマのために書き下ろしたオリジナル曲となっている。

 宮藤は「アメ女のプロデューサー太巻さんは振りから考え、それに合わせて曲と詞を考えるスタイルなので、僕も踊りながら、今回は3分で書きました。間にラップが入るのは、なんか訛ってるから面白いかなと思って」と。

 アキを演じる能年玲奈は「故郷編では、ベテランの方々にアキちゃんのスペースを作っていただいた中で、ずっと演技をさせていただいていました。それが東京編になって、自分でスペースを確保するためにドタバタと頑張っていて、まさにアキちゃんと私がリンクしています。アキちゃんもぺーぺー、私もぺーぺー。ぺーぺーがどこまで臆せず、アイドルの海に飛び込んでいけるのか、おバカなまま突っ走れるか、皆さん応援よろしくお願いします」とコメントを寄せた。

 連続テレビ小説『あまちゃん』は6月24日(月)から“東京編”に入り、全国47都道府県のご当地アイドルから選抜されたアイドルグループ「GMT47」の挫折と奮闘が描かれている。

『あまちゃん』公式サイト(http://www1.nhk.or.jp/amachan/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える