• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ザッピング視聴が快適に!dTVがPCブラウザのUIを刷新

dTV 映像配信サービス「dTV」がPCブラウザのUI(ユーザインタフェース)を刷新し、ザッピング視聴への対応を開始。さらに、PCブラウザの対応機種を拡充し、Microsoft Edge、Google Chromeに対応した。

 dTVはPCブラウザのUIを刷新し、昨年4月にサービスをリニューアルした際の大きな特徴の一つである“ザッピングUI”を導入。ザッピングUIは、次々と予告編が再生され、見たい作品が決まっていなくても流れてくる映像から見たい作品を見つけることができる。今回のUI刷新で、PCブラウザで作品にカーソルを合わせると自動的に予告編を再生するようになった(Internet Explorer11除く)。また、Windows10の基本ブラウザであるMicrosoft EdgeとGoogle Chromeへの対応も開始した。これにより国内で利用されている主要WEBブラウザの95%がカバーされるという。

 dTVでは、年末年始の大型連休に合わせて話題作を多数配信。人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」は、シーズン1から最新作のシーズン7までを配信。さらに、放送中のアニメ「ユーリ!!! on ICE」やテレビ東京の人気バラエティ番組「ゴッドタン」のdTVオリジナル版などが配信されている。

<dTV 対応ブラウザ>
Internet Explorer 11(windows)
Firefox 42.0以上(Windows/mac)
Safari 6.0.3以上(mac)
Microsoft Edge 25.1以上(Windows)
Google Chrome 54.0以上(Windows/mac)

dTV WEBサイト:http://video.dmkt-sp.jp

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える