• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「僕の代表作です」三重発地域ドラマ『ラジカセ』の主演・滝藤賢一が力強く宣言

三重発地域ドラマ『ラジカセ』の試写会に出席した滝藤賢一(中央)、向鈴鳥、安藤玉恵

三重発地域ドラマ『ラジカセ』の試写会に出席した滝藤賢一(中央)、向鈴鳥、安藤玉恵

 12月21日(水)に放送される三重発地域ドラマ『ラジカセ』(BSプレミアム 後10・00)の試写会が行われ、滝藤賢一、向鈴鳥、安藤玉恵が出席した。

 三重県を舞台に、社会から不要と切り捨てられた昭和家電収集家の男と、家族の中で孤独感を抱く少年の触れ合いと成長を描く本作。脚本は『明日があるさ』『中学生日記』『妄想彼女』などの大野敏哉が担当した。

 主人公の昭和家電収集家の中年・有山正人を演じる滝藤は「“主役の”滝藤です。『主役』と聞いた時点で『やります!』と脚本も読まずに出演を決めてしまいました」と会場の笑いを誘い、「皆さんのおかげでとてもすてきな夏の10日間になりました。より多くの方に見ていただきたい作品です。ぜひともよろしくお願いします」と作品をPR。

 止まらない滝藤は、「見ていただいたとおり、僕の芝居が素晴らしかったと思います」と自画自賛。記者から素晴らしかったのはどのへんかと追及されると、「自分で分析するのは恥ずかしいですね」と照れつつも、「まず方言が良かった。僕は方言をいつも大事にしていて、今回も伊賀の方に付いてもらって徹底しました。芝居は僕自身が何かというよりも、キャストの方々や相手役の方々に引き出してもらいました。みんなが相手のために芝居をしてくれたことが大きいです。あとは桑野(智宏)さんの諦めない演出」と語り、「僕の代表作です」と力強く宣言した。

 そんな滝藤演じる有山と、古いカセットテープをきっかけに出会う小学生の将太を演じた向は、「最初はすごく緊張したけど、滝藤さんや安藤さんがいつも優しく接してくれて緊張もほぐれました。自分は『お母さん大好き』とずっと思って演じてきたので、それがみんなに伝われば」とコメント。向のしっかりとした言葉に、母親を演じた安藤も思わず、「(向が)一生懸命しゃべっているだけで泣けてきますね。『お母さん大好き』って言われて、泣きそうになっちゃう…」と目頭を熱くする場面も。

 話題は今回の昭和家電収集家にちなんで、滝藤が集めている物の話に。滝藤は趣味の観葉植物を挙げ、「集めるというか育てるというか、今日も植物を買ってから来たんですけど。アガベっていう大きいやつ。あとはパリーっていう…」と語り始め、安藤から「この話長いんですよ」とツッコまれつつも役さながらの熱い植物オタクぶりを見せていた。

 三重県発地域ドラマ『ラジカセ』(BSプレミアム 後10・00)は12月21日(水)放送。

三重県発地域ドラマ『ラジカセ』
放送日:12月21日(水)
放送局:BSプレミアム
放送時間:後10・00~11・00
番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/tsu/rajikase/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える