• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ザ・ローリング・ストーンズ、プレミアムイベント新春1・4開催決定

90923_01_r 2017年1月4日(水)Zepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)で、ザ・ローリング・ストーンズのワールド・プレミア・イベントを開催されることが決定した。

2013年に結成50周年を迎えた伝説のロック・バンド、ザ・ローリング・ストーンズ。イベントでは、最新中南米ツアー・ドキュメンタリー「ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ」と、その最終公演映像「ハバナ・ムーン ストーンズ・ライヴ・イン・キューバ2016」が全世界初、同日連続上映される。

 チリを皮切りに敢行された最新中南米ツアーに迫ったドキュメンタリーフィルム「ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ」はトロント国際映画祭でプレミア上映され、先日日本でも全国16都道府県19劇場にて一夜限りの劇場上映が行われ、ファンたちを熱狂させた1作。英ハイドパークで行われたストーンズ50周年のライヴを制作したポール・ダグデイル監督率いるストーンズのチームが、16年3月まで行われたストーンズの最新中南米ツアーの各地を追いかけ、南米ツアーのクライマックスであるハバナでのフリー・コンサートを仕上げていく舞台裏も部分的にフィーチャーしている。

 いっぽう「ハバナ・ムーン ストーンズ・ライヴ・イン・キューバ2016」は、中南米ツアーの最終公演の地キューバ・ハバナで、2016年3月25日(金)120万人の観衆を前に行われたフリー・コンサートを収めたライヴ映画。2016年9月23日(金)に全世界で1,000館以上の劇場にて一夜限りでプレミア上映され、ストーンズが音楽と長年ロックやポップ・ミュージックが禁止されてきたキューバの歴史を変えた瞬間を捉えた映画として世界各国で称賛された。

 ドキュメンタリーフィルムは、ストーンズ初のキューバライヴ映画へ行きつく全貌が明らかになる姉妹作であり、この2つの映画を連続することでひとつの作品が完成するという。この熱い思いが込められた作品が新春上映するということで、全世界でも初の試みに、ストーンズ・ライヴ現体現者はもちろんのこと未体験の音楽ファンにとってもメモリアルで、プレミアムなイベントとなりそう。

ミック・ジャガー
「キューバ公演は純粋に素晴らしかったよ。途轍もない時間だった。見渡す限り広大な人の波なんだ。観衆からの熱狂の嵐を感じてもらえるはずだよ。僕にとっては突出した出来事だったんだ」

キース・リチャーズ
「太陽があって、月があり、星があって、ザ・ローリング・ストーンズがいたんだ。キューバがついに思い切り楽しむ機会を見るのは特別なもんだったよ。ハバナの夜は忘れることはないだろうね」

【詳細情報】
「ストーンズ姉妹作、新春豪華2本立てプレミア・ライヴ絶響上映@Zepp東阪」

・最新中南米ツアー・ドキュメンタリー・フィルム「ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ」
・最新ライヴ映画「ハバナ・ムーン ストーンズ・ライヴ・イン・キューバ2016」

日程:2017年1月4日(水)
開場:13:30/開演:14:00/終演:18:00(予定)
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)
座席:センターエリア・シート及び一般指定席(いずれも1Fのみの販売になります)
上映順:
1.「ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ」
2016年/105分/16:9/BD/2ch/日本語字幕
2.「ハバナ・ムーン ストーンズ・ライヴ・イン・キューバ2016」 
2016年/110分/16:9/BD/2ch/日本語字幕(※映画館上映限定のメンバー・インタビューは収録されておりません)

ライヴ絶響上映公式ホームページ:www.110107.com/zepp-de-zekk
企画・主催:(株)Zeppホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト
配給:(株)ソニー・ミュージックダイレクト 提供:ワードレコーズ
 
©2016 Promotone BV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える