• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

石川社長が冲方丁をディナーに招待することが「攻殻機動隊ARISE」最初のミッション!?

中央向かって左から、製作総指揮の石川光久、シリーズ構成・脚本の冲方丁、草薙素子役の坂本真綾、総監督・キャラクターデザインの黄瀬和哉、「~border:1」監督・絵コンテのむらた雅彦(c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」初日舞台あいさつが6月22日(土)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、草薙素子役の坂本真綾、総監督・キャラクターデザインの黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本の冲方丁、「border:1」監督・絵コンテのむらた雅彦、製作総指揮の石川光久が登壇した。

 自分でDVDを全話購入して見ていたほどの“攻殻”ファンだった坂本は「今回から素子のキャストが変わることについて、皆さんがどう思うのか、という気持ちは私が一番分かっているので、そのプレッシャーに耐えられるのも私しかいないと思っています」とコメント。

 さらに、「キャストは何の作品のオーディションなのか詳しい話を誰も聞いていなくて、役柄も草薙素子とは聞いていませんでした」と秘話を語り、「私あ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』と『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』で子供の素子(=コドモトコ)をで演じたことを黄瀬総監督が全然知らなかったことに驚きましたが、それでも再びご縁を結んでいただいたのが面白いですね」と感想を。

 石川社長は「『攻殻機動隊』というタイトルは日本以上に海外で支持をされているので、世界で戦えるスタッフを集めるのが最初のテーマでした。ジェームズ・キャメロン監督やクエンティン・タランティーノ監督から、カット割りをせず1カットでアクションを描ける日本のアニメーターはすごいと評価されています。黄瀬総監督で日本のアニメーションのすごさを世界に打って出ようという思いがありました」と告白。

 さらに劇中の音楽を担当しているコーネリアスについて石川社長は「世界のアーティストが『攻殻機動隊』の音楽をやりたがっていると聞いていて、世界のミュージシャンにやってもらおうかと考えていたのですが、『攻殻機動隊』はやはり日本発で、それでいて世界で勝負できるアーティストにしたい、コーネリアスだという話になりました」と経緯を説明した。

 石川社長から「脚本をお願いする際に、冲方さんがいかに断りづらい状況を作るかが、この作品づくりの最初の一歩でした」と紹介された冲方は、そのときのディナーの逃げ出せないシチュエーションを紹介しつつ、「本当に戦略家だなと思いました(笑)。キャラクターづくりについては、シンプルにかわいい素子とかっこいい荒巻、かわいそうなバトーを書こうと思って『この三拍子はいかがですか?』と黄瀬総監督にご相談したところ、いいんじゃないということで進めました。これまでにない素子の表情がでていると思います」と自信を見せた。

 黄瀬監督は今後について「現在『border:2』を制作しています。シナリオや絵コンテを読んだだけでも面白いものになっていると思っていますし、『border:1』とは違う切り口でパワフルな作品になっていますのでご期待ください」とPR。

 最後に坂本は、「『攻殻機動隊ARISE』は始まったばかりです。私自身、最後に素子が「誰をスカウトしようかしら」と言う台本を読んだときにゾクッと鳥肌が立ったのですが、どうやって“攻殻機動隊”ができたのかをみんなで一緒に見届けていけたらと思います。最後までよろしくお願いします」とあいさつ。

「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」は、全国20館にて7月5日(金)まで上映中。Blu-ray
Disc&DVD「攻殻機動隊ARISE1」は、2013年7月26日(金)発売(レンタルは9月25日(金)開始)。第2話となる「攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers」は、2013年11月30日(土)からTOHOシネマズ 六本木ヒルズ、新宿バルト9ほか全国20館にて劇場上映予定。Blu-ray Disc&DVD「攻殻機動隊ARISE 2」は2013年12月25日(金)発売。

「攻殻機動隊ARISE」公式サイト(http://www.kokaku-a.com/)
Twitter公式アカウント(https://twitter.com/kokaku_a)
Facebook公式アカウント(https://www.facebook.com/kokaku.arise)
(c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える