• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『モアナと伝説の海』全米週末興収ランキング2週連続1位に!12日間で1億ドルの大台を突破

『モアナと伝説の海』 全米で11月23日に封切られたディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』が、全米週末興収ランキング2週連続No.1に輝いたことが分かった。また、興行収入は公開から12日間で1億ドルの大台を突破した。

 この“モアナ旋風”は年末の各賞レースにも影響を与え始めている。アニメーションのアカデミー賞といわれる「アニー賞」では、作品賞、編集賞、アニメーテッド・エフェクト賞、声優賞(アウリィ・カルバーリョ)、キャラクター・デザイン賞、ストーリーボーディング賞の計6部門にノミネート。

 国際プレスアカデミー(IPA)が主催する「サテライト賞」では、アニメーション/ミックスメディア映画賞にノミネート、アメリカとカナダでテレビ、ラジオおよびインターネットに関わる批評家によって組織される「ブロードキャスト映画批評家協会賞」では、アニメーション映画賞、そして“How Far I’ll Go”が主題歌賞にノミネートされた。この楽曲は、今最も注目されるアーティストで、本年度トニー賞史上初の記録を打ち立てた『ハミルトン』のリン=マニュエル・ミランダが手掛けたことでも話題に。アカデミー賞の前哨戦とされる「ゴールデン・グローブ賞」のノミネート発表も来週12月12日(月)に控え、「アニメーション映画賞」「主題歌賞」の期待が高まっている。

『モアナと伝説の海』は、2017年3月10日(金)日本公開。

<ストーリー>
海に選ばれた少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。

『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金) 全国ロードショー

監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』、『アラジン』)
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

©2016 Disney. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える