• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

癒やし時代劇『猫忍』追加キャスト発表!佐藤江梨子、青木玄徳、大沢ひかるら出演

91806_01_r 2017年に公開する、大野拓朗の主演作「猫忍」と、映画公開前の1月よりスタートするドラマ『猫忍』(tvk、BSフジ ほか)の追加キャストが発表され、映画版に佐藤江梨子や柄本明らが、そしてドラマ版に草野イニ、大沢ひかる、青木玄徳が出演することが分かった。

 本作は、生き別れた父が猫に変化したと信じ込み、再会を夢見る忍者・陽炎太(かげろうた=大野)が、父そっくりの猫と出会い成長する姿を描く猫萌え忍者アクション時代劇。主演は本作が映画初主演となる大野拓朗。陽炎太の父で伝説のすご腕忍者・剣山役を船越英一郎、幼少期の陽炎太を鈴木福、陽炎太が出会う猫・父上(ちちうえ)役を存在感抜群のオヤジ猫・金時(きんとき)が演じる。

 今回、新たに発表された追加キャストは8名。映画版に出演するのは、佐藤江梨子、藤本泉、渋川清彦、柄本明、麿赤兒。ドラマ版には、草野イニ、大沢ひかる、青木玄徳が出演。藤本と麿は、ドラマへ出演も決定している。

 自身初のくノ一となる佐藤は、「(私の演じる)紅葉は、男口調で話すので楽しかったです。大先輩方に向かって生意気なせりふをいっぱい言うので緊張し痺れましたが、猫との共演に癒されました」とコメント。

 15年~16年秋にかけて放送された『仮面ライダーゴースト』でヒロインを演じ注目を集めた大沢は、本作が初の時代劇。お節介な街娘・幸を演じる大沢は、「着物とかつらを付けての撮影が初めてだったので、戸惑いつつも作法など学べて、素敵な経験となりました」と撮影を振り返り、猫・金時との撮影については「金時君は不安からか最初はずっと鳴いていて…。でも人懐っこくて、後半はとてもいい芝居を見せてくれたり、負けてられないなと思いながら撮影していました」と、女優魂を刺激されたようす。

 主演映画「闇金ドッグス4」(12月10日(土))の公開を控える青木が本作で演じるのは、陽炎太の先輩忍者・左之助。「『猫忍』は、台本がまず面白くて、キャラクター1人ひとりがとても魅力的。陽炎太を通して描かれる人間模様は、コミカルだけどアツくて切なくて沢山の人に受け入れて貰えると思いますそして、キャストスタッフ、和やかで楽しい撮影現場の雰囲気が作品に映し出されていると思います。皆様、是非ご覧になってみてください!左之助を宜しくね~☆」とアピールした。

 映画「猫忍」は、2017年公開。ドラマ『猫忍』は、tvk、BSフジほかにて2017年1月スタート。小説本「猫忍」は発売中。

『猫忍』HP:http://neko-nin.info/

©2017「猫忍」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える