• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

S・ヨハンソンが魅惑の歌声を披露♪『ジャングル・ブック』ミュージッククリップ公開

『ジャングル・ブック』 映画『ジャングル・ブック』の先行デジタル配信が12月7日にスタート。12月16日(金)にはMovieNEXが発売される。先行配信を記念して、本編映像を使用した3種類のミュージック・クリップが解禁された。

 1曲目は、人気女優スカーレット・ヨハンソンが、妖艶な歌声を披露する「♪トラスト・イン・ミー(DJDS REMIX)」。もともと、彼女が歌う「トラスト・イン・ミー」は、映画本編のエンドクレジットに使用されているが、今回のミュージック・クリップは、EDM(Electronic Dance Music)的エッセンスを取り入れ、さらに幾何学的でアーティスティックな映像美で魅了する、ここでしか聞けないリミックス・バージョンとなっている。

 2曲目は、人気キャラクター・クマのバルーが主人公の少年モーグリをお腹に乗せて、川に浮かびながら歌う「ザ・ベアー・ネセシティ」。歌うのは、バルー役のベテラン俳優、ビル・マーレイ。「心配やもめごとなんか忘れてしまえ」という歌詞のとおり、ルールに縛られずに生きる、根っからの自由なスピリットを持つバルー。彼の影響で、ジャングルの“掟”に縛られていたモーグリが、自分の意志で生きることの大切さに気づく、本作のターニングポイントとなる重要な名曲だ。

 最後は、人間の支配力を欲する類人猿の王キング・ルーイが歌う「君のようになりたい」(I Wan’na Be Like You)。ジャズ風のメロディが耳に残る楽しい曲だが、人間が扱う炎にあこがれるキング・ルーイの狡猾な野望が見え隠れしている。名優クリストファー・ウォーケンの渋い美声にも注目だ。

 これらの3曲は、いずれも約50年前にウォルト・ディズニーが完成させた長編アニメーション『ジャングル・ブック』(1967)から生まれた名曲。今回、作曲家のジョン・デブニーが、オリジナルに敬意を表しつつ、よりゴージャスで現代的なアレンジを加え「誰もが大好きな歌の一部を再解釈して強調することができました」と自信を示している。

<『ジャングル・ブック』ミュージック・クリップ>

「♪トラスト・イン・ミー」

「♪ザ・ベアー・ネセシティ」

「♪君のようになりたい」

『ジャングル・ブック』
12月7日(水)先行デジタル配信
12月16日(金)MovieNEX(4,000円+税)発売

公式サイト:disney.jp/JUNGLEBOOK

©2016 Disney

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える