• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

今年は2DAYS!「ANIMAX MUSIX」11月23日・24日、横浜アリーナで開催

 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパンが運営するBS/CS放送のアニメ専門チャンネル「アニマックス」が、11月23日・24日の2日間、横浜アリーナで開催する『ANIMAX MUSIX 2013 supported by スカパー!』の記者会見が行われ、出演アーティストのangela、川田まみ、May’n、KOTOKO、ヒャダイン、流田project、南里侑香、鈴木このみ、Rayが登壇した。

 2009年5月からスタートし、今回で7回目を迎える「ANIMAX MUSIX」。初の2DAYSということで、angelaは「どんどん大きくなっている日本のアニメと比例して、イベントも大きくなっている。私たちも自分の役割を果たします」と意気込みを披露。川田は「イベント初参戦となるので、緊張感を楽しみつつ、初めて会うファンの方に熱い想いを伝えたいです」、May’nは「毎回このイベントはチャレンジをしています。最初はステラホールから始まり、海外で公演したり、今年は2DAYS公演となりました。どんどんチャレンジを続けるANIMAX MUSIXに私自身背中を押されています。私もまた一つ挑戦し、自分の新しいカラーをみんなに届けられたらなと思っています」、KOTOKOは「ANIMAX MUSIXは出会いがたくさんあるイベントだなと思っています。参加されるアーティストはみんな個性があって、たくさんの刺激を受けることができるこのイベントにまた参加できてうれしいです」と語った。

 初参加となるヒャダインが「去年のイベントに私が楽曲を提供するアーティストが出て、とても盛り上がったと聞き、出たかったな~と思っていました。今年参加することができて本当にうれしい」と喜びを明かすと、流田Projectも「こんなに豪華なメンツの中に自分たちが入れるなんて光栄。去年以上の盛り上がりを見せたいと思っています」と。

 続いて南里は「毎年心が熱くなるイベントで、今年もアニメミュージックで世界中の人たちとつながれることを楽しみにしています」、鈴木は「去年はすごく楽しい時間を過ごせました。今年はさらに楽しい時間を過ごしたいです」、Rayは「このイベントのお話を頂いたときからドキドキしています。このドキドキを楽しさに変えたい」とそれぞれの熱い思いを語った。

 最後に、angelaは「このイベントの魅力はコラボやカバー。たくさんのアニメミュージックを世界中の人たちに熱く届けるのが年長組の私たちの役割」、May’nは「ANIMAX MUSIXというイベントの最大の魅力は世界に届けるということ。私自身もあらためてアニメミュージックの素晴らしさを感じ、みんなに届けたいです」、ヒャダインは「デュエット曲が多いので、サプライズ含めて皆さんと楽しめたらいいな」、流田Projectは「カバーバンドとしてやってきたので、このイベントの醍醐味のカバーやコラボで生かせたらいいと思っています。ライブハウスのような一体感を出したい」とファンに向けてメッセージを語った。

ANIMAX MUSIX 2013 supported by スカパー!
開催日:2013年11月23日(土)・24日(日)
開場13:00 開演14:00
開催場所:横浜アリーナ
公式HP(http://musix.animax.co.jp/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える