• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

現役高校生・松風理咲が受験生にエール!6代目キットカット受験生応援キャラクターに就任

「キットカット 受験生応援キャンペーン」発表会「キットカット 受験生応援キャンペーン」発表会が都内で開催され、6代目キットカット受験生応援キャラクターに選ばれた松風理咲、杉村太蔵、小島瑠璃子が登壇した。

 松風は「精いっぱい頑張っている受験生に向けて力になれればと思います!」と就任の意気込みを語り、12月23日から毎日1話ずつ配信されるショートフィルムに関して「1話1話が短いので、勉強の合間に観てリラックスしたり励みになってほしいです」とメッセージを送った。

 イベントでは、「キットカット」とLINE MUSIC、LINE LIVE、LINEスタンプを組み合わせた新サービスの概要も発表。新サービスとして、「キットカット」受験生応援商品のパッケージ上に記載されたシリアルコードをLINEアプリ上で入力すると、LINE MUSICの応援曲プレイリスト聴き放題サービスを受けられる。そのほか、LINEスタンプ、LINE LIVEそれぞれの応援コンテンツが提供される。

 イベントの後半には、LINE LIVE受験生応援特別番組メインナビゲーターの杉村太蔵、スペシャルゲストの小島瑠璃子が登場。招待された受験生12名と小島が、杉村による特別講義『キット、サクラサクよ。タイゾーの受験生へ贈る言葉』に参加した。

 杉村の熱血講義を受けた小島は「未来の自分の手助けなので、頑張ったとか努力は大事だと思います。ただ、すごくシビアですが、社会に出るということはある程度の結果が求められます。非常に受験生には酷だと思いますが、これからそういった世界に足を踏み入れていきますので、ある程度結果を追求してもらえればと思います」と語った。

 杉村は「ここにいる大人たちはほとんど受験をしています。こんな苦しいことはありません。なぜいつまでもこの受験が存在するかというと、この18歳で受ける受験は最も平等だと思います。合格する、しないも大事なことですが、ただ自分で夢を持ち、挑戦し、最後まで走り抜く、こういった人に育ってほしいんです。それが受験なのです。そう考えてください。第一志望に受からなかったらどうしよう、と不安に思っていると思います。そういった方はこの受験が人生のゴールだと思っています。ただこの受験は人生をマラソンで例えると、ほんの2キロ地点だと思ってください。まだまだ先にいくつもゴールがあるのです」と熱く語った。

 また、2人から受験生に「漢字一文字」を贈るコーナーも。杉村は“壁”を挙げ、「受験という大きな壁を乗り越えてほしいという想いと、間違えやすい漢字でもあります。完璧の「璧」という漢字との間違えが多いので、気をつけてほしいという想いも込めています」と語った。

 小島は“耐”を挙げ、「とにかく今は耐えてほしいという想いです。蕾のようにパワーをためて、春にきれいな花を咲かせてもらいたいと思います」とエールを送った。

キットカット×LINE応援コンテンツ

■LINE MUSIC
受験生応援の人気ソング12曲を視聴することができる、特別なプレイリスト。今年度受験生応援アーティストに就任したイトヲカシの書き下ろし曲「さいごまで」をはじめ、東京女子流の未発売曲「Don’t give it up!」、2014年度キットカット受験生応援ソングMay J.「My sweet Dreams」などを配信し、音楽を通じて受験生に“ブレイク”を届ける。

■LINEスタンプ
クリエイター・my(まい)がデザインする人気スタンプ「ゆるくま」の「キットカット」受験生応援オリジナルバージョン。

■LINE LIVE
国会議員を経験し、幾多の困難も乗り越え、今年慶應義塾大学大学院に見事合格した杉村太蔵がメインナビゲーターとして、受験生たちの「不安」や「悩み」を集めて、キレのあるポジティブ・トークで悩める受験生たちを前向きなキモチにさせてくれる番
組。受験生たちがお互いに励まし合える空間をLINE LIVEを通じて提供。今年度受験生応援キャラクターであり、現役高校生の松風理咲、有名予備校教師がゲストとして登場予定。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える