• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

迷子から25年後、Google Earthで故郷に帰り着いた実話を映画化『LION/ライオン』GG賞4部門ノミネート

『LION/ライオン』 驚愕の実話を映画化した『LION/ライオン』(原題)が、12月12日に発表された第74回ゴールデン・グローブ賞で計4部門にノミネートされたことが分かった。

 本作は、インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthを駆使して生まれ故郷に帰り着いたという驚愕の実話を、デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華俳優陣で描く感動作。

 第74回ゴールデン・グローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、作曲賞の計4部門でノミネート。受賞発表は、2017年1月8日(現地時間)となる。

<ストーリー>
5歳で迷子になり、25年後、Google Earthで帰り道を探した男の数奇な人生とは―。
インドのスラム街。兄と遊んでいるうちに停車中の電車で眠り込んでしまった5歳のサルーは、遥か遠くの地に列車で運ばれ、そのまま迷子に。25年後、養子に出されたオーストラリアで成長したサルーは、人生の穴を埋めるため、そして未だ言えずにいる「ただいま」を伝えるために、家を探し始める。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。
1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、彼の人生の穴を埋め、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。湧き上がる圧倒的な感動に、笑顔と涙が溢れ出す、驚愕の実話。

『LION/ライオン』賞レース状況(2016年12月12日現在)
★トロント国際映画祭 観客賞 次点1位
★ハリウッド映画賞 助演女優賞(ニコール・キッドマン) 受賞
★放送映画批評家協会賞 6部門ノミネート
作品賞/助演男優賞(デヴ・パテル)/助演女優賞(ニコール・キッドマン)/若手俳優賞(サニー・パワール)/脚色賞/作曲賞
★ワシントンDC映画批評家協会賞 2部門ノミネート 若手演技賞(サニー・パワール)/脚色賞
★サテライト賞 5部門ノミネート 作品賞/助演男優賞(デヴ・パテル)/助演女優賞(ニコール・キッドマン)/脚色賞/編集賞
★セントルイス映画批評家協会賞 助演男優賞(デヴ・パテル)、脚色賞ノミネート
★ロンドン・イブニング・スタンダード英国映画賞 インターナショナル・オブ・ザ・イヤー受賞、主演男優賞(デヴ・パテル)ノミネート
★サンディエゴ映画批評家協会賞 助演女優賞(ニコール・キッドマン)、脚色賞 ノミネート
★ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワード 作曲賞(長編映画部門)ノミネート
★カメリイメージ賞 撮影監督賞受賞
★アジア太平洋映画賞 審査員スペシャルメンション受賞(サニー・パワール)/男優賞(デヴ・パテル) ノミネート

LION/ライオン(原題)
2017年4月 TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー

製作:イアン・カニング(『英国王のスピーチ』)
監督:ガース・デイヴィス
出演:デヴ・パテル(『スラムドッグ$ミリオネア』)、ルーニー・マーラ(『キャロル』)、ニコール・キッドマン(『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』)、デヴィッド・ウェンハム(『オーストラリア』)

配給:ギャガ
提供:ギャガ、テレビ東京

©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ