• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「新作よりもこっちを売るほうが…」羽田圭介がNHKで掟破りのプロモを展開!

スクラップ・アンド・ビルド

 12月17日(土)放送の土曜ドラマ『スクラップ・アンド・ビルド』(NHK総合)の完成試写会が東京・渋谷区の同局で行われ、主演の柄本佑、原作者の羽田圭介が登壇した。

 芥川賞を受賞した羽田の小説「スクラップ・アンド・ビルド」をドラマ化した本作は、1人の青年の人生再構築の物語。未来が見えない無職の主人公と要介護の祖父との奇妙な介護の攻防戦からストーリーが展開していく。

 本作の主人公で無為な日々を送る無職の田中健斗を「特殊な人だとは思えなかった」と柄本。演じる上で“普通”であることを心掛けたと言うが、「自分が出ていると客観的に観れなくて、自分のことばかり追いかけて頭に血がのぼっちゃって、震えながら観ている感じでした」と、この日は“普通”でいられなかったようで苦笑いを見せた。

 いっぽう羽田は「きっと(NHKなら)質の高いドラマを作っていただけるんだろうなと期待していました」とドラマの出来栄えに納得の様子。「地の文(会話文以外の言葉)が多い僕の小説を、説明的になりすぎずセリフのやり取りで表現することができるんだと、小説を書く上でも勉強になりました」と脚本に感服していた。

 また、当初は“小説は書き終わると自分の手から離れるもの”と試写会への出席にはあまり前向きではなかったという羽田。だが、「新作の『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』があまり売れてなくて、新作を売るよりこっちを売るほうが早いんじゃないかと思って来ました」とほくそ笑むと、「ドラマを見ておしまいではなく、小説も買っていただいてようやく完結という感じで観ていただきたいです」と商売っ気を隠すことなくアピールし、柄本や集まった報道陣を笑わせた。

 土曜ドラマ『スクラップ・アンド・ビルド』は、12月17日(土)後9・00~10・13に放送。

土曜ドラマ『スクラップ・アンド・ビルド』

放送日時:12月17日(土)後9・00~10・13
放送局:NHK総合
原作:羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」
脚本:香坂隆史
音楽:サンガツ
キャスト:柄本佑/山下リオ/秋元才加/朝茅陽子/山谷初男ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真