• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

実写化サリーは石塚英彦に!?「モンスターズ・ユニバーシティ」来日記者会見

 映画「モンスターズ・ユニバーシティ」来日記者会見が都内で行われ、日本語吹替声優を務めた石塚英彦、田中裕二、監督のダン・スキャンロン、プロデューサーのコーリー・レイが登場した。

 数あるディズニー・ピクサーの作品の中で、最も愛されている作品の1つ「モンスターズ・インク」。本作品は、その主人公マイクとサリーの最恐コンビの誕生と、彼らの巻き起こすモンスター界きっての大事件が描かれている。

 映画にちなみ子供のころの夢を聞かれた石塚は、「パイロット。かなわなかったけれど、今は飛行機に乗ってロケでいろいろなところに行っているから、ある意味夢がかなったかも」と。いっぽう田中は「野球選手。自分の応援している球団に入りたかった」と語った。

 2人の吹き替えについてダン監督は、「もう一度演じてもらえてうれしい。キャラクターのスピリットを理解してくれているので、声からキャラクターが伝わってくる」と大絶賛。コーリープロデューサーは、フワフワの毛で覆われた石塚の衣装をなでながら「まるでサリーそのものみたい(笑)」とコメントすると、会場からは笑いが起こった。

 映画に登場するちびマイクをまねた“ちびっこモンスター”に扮した子供たちが登場し、それぞれの夢を語ると、石塚は「可能性があるから、きっとかないますよ。頑張れば、夢はかなう! 1人でダメでもみんなで頑張れば夢はかなう」と夢を諦めない気持ちを持たせてくれる本作の見どころを込めてコメントした。

 映画「モンスターズ・ユニバーシティ」は7月6日(土)より全国ロードショー。

「モンスターズ・ユニバーシティ」公式サイト(http://www.disney.co.jp/monsters-university/home.html)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える