• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

RED WARRIORS 97年発表のアルバム「FIRE DROPS」再発売決定

RED WARRIORS 80年代後半に活躍したロックバンド「RED WARRIORS」が再結成時に発表したアルバム「FIRE DROPS」が、オリジナル・リリースより20年後となる2017年3月1日にポニーキャニオンより再発売されることが決定した。

 RED WARRIORSは、1985年にギター・木暮“shake”武彦、ヴォーカル・DIAMOND☆YUKAI、ベース・小川清史、ドラムス・小沼達也の4名で結成、1986年10月にアルバム「LESSON」でデビュー。正統派ロックを掲げて人気を集め、日本武道館や西武球場でコンサートを行うなど、シーンを代表するバンドとなるが、1989年に解散。

 その後、メンバーそれぞれの活動を経て、1996年より木暮、YUKAI、小川の3名で一時的に再結成を果たす。11月には武道館コンサートを行い、翌年1997年3月21日にその武道館コンサートのビデオと同時リリースされたのが、アルバム「FIRE DROPS」だ。

 異例ともいえるオリジナル・リリースから20年後の再発売決定。その理由は「FIRE DROPS」を聞けば分かるだろう。

RED WARRIORS「FIRE DROPS」

発売日:2017年3月1日(水)
価格:2,400円(本体)+税

<収録曲>
1「熱病」
2「ONE WAY DRIVER」
3「EASY COME, EASY GO」
4「銀河のマシンヘッド」
5「SAIL AWAT -真黒な空へ-」
6「ラストソング」
7「夢を見たのさ」
8「快楽のダンス」
9「たったひとつのLove Song」
10「DAY AFTER DAY」
– Bonus Track –
「The Day After」(1996年11月12日日本武道館ライヴより)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真