• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鈴木亮平、『精霊の守り人』セクシー衣装に自信「胸元ざっくり開いてます」

『精霊の守り人 悲しき破壊神』試写会 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』(NHK総合 2017年1月21日(土)スタート)の試写会が12月15日(木)に行われ、綾瀬はるか、真木よう子、板垣瑞生、鈴木梨央、鈴木亮平ら豪華キャスト陣が登壇した。

 本作は、世界中で愛される同名ファンタジー小説シリーズを映像化したドラマの続編。ロタ王国で逃亡生活を送るバルサ(綾瀬)が、恐ろしい能力を持つ少女・アスラ(鈴木梨央)と出会い、近隣国を巻き込んだ新たな物語が展開される。

 前作に引き続きの出演となる綾瀬は、「新たなバルサの姿を見せられると思います。新しいキャストの方も加わったので、見ごたえ十分です」と作品をアピール。迫力あるアクションシーンについては「1話はそんなに…だったかもしれないんですけど(笑)、2話ぐらいからカッコいいアクションが出てきます(笑)。どしっとした殺陣をお見せできるんじゃないかと思います」と。

 綾瀬以外のキャストは、今シーズンからシリーズに参加となる。「(登場人物や国の)名前を覚えるのが難しかった」(板垣)、「アスラの2つの表情を作ることや、ファンタジーの世界だから日常の何気ない動きをしちゃいけないのが難しかった」(鈴木梨央)、「台本に地図を描いて関係を把握していきました」(鈴木亮平)と、それぞれ演じる上での苦労を明かしたが、真木は「何も考えていませんでした。すいません」と謝罪し会場は大爆笑。「せりふを勝手に変えちゃったりしたので、世界観を変えてしまったらすいません」と付け加えた。

 新ヨゴ国の皇太子・チャグム(板垣)を追うタルシュ帝国の密偵・ヒュウゴを演じる鈴木亮平は、その役どころについて「世界を変えようとしている男。彼の覚悟からくる色気を少しでも表現できれば」と説明。その魅力については「目がきれいなんです。僕の目なので、自分で言うのも恥ずかしいんですが(笑)」と自画自賛。また、劇中では肉体美を披露するということで、「(魅力は)胸元のざっくり開いた衣装です」と期待をあおった。

 2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主演を務める鈴木と、かつて『八重の桜』で主演を務めた綾瀬。新旧大河俳優の共演ということで、綾瀬に「質問攻めしようかな(笑)」と意気込んだ鈴木。綾瀬から「(大河は)すごく楽しくて大事な一年。じっくり味わって!」とエールが送られると、「いただきました!」と“先輩”の言葉をしっかり受け止めていた。

 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』は、NHK総合にて2017年1月21日(土)後9・00よりスタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える