• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ジェニファー・ローレンスのセクシードレスに大歓声!『パッセンジャー』ワールドプレミア開催

『パッセンジャー』のワールドプレミア ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットをダブル主演に迎えたスペース・スペクタクル・ロマン『パッセンジャー』のワールドプレミアが米ロサンゼルスのウエストウッドの劇場にて行われた。

 会場には、漆黒の宇宙空間を表すかのような長い長いブラックカーペットが敷かれ、壁面は豪華客船アヴァロン号の船内を思わせるように一面真っ白。ゲスト登場ゲートにはコントロールルーム、そしてフォトエリアには2人の運命を引き合わせた冬眠装置が設置されるなど、作品の世界に入り込んだと錯覚してしまうほど見事なセットが組まれた。さらに、主人公2人のように冬眠カプセルから目覚める体験ができるVR体験エリアや、船内にあるバーカウンターなども再現された。

 ブラックカーペットには、まず『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でアカデミー賞にノミネートもされた、俊英モルテン・ティルドゥム監督とマイケル・シーンが登場。

 続いてダブル主演の1人、オーロラを演じたジェニファー・ローレンスが登場。肩が大きく開き、胸元にはハートがあしらわれた純白のドレス、そしてダイヤモンドとブラックのチョーカーとダイヤのイヤリングというセクシーな姿に、会場からは大歓声が送られた。

 続いてジムを演じたクリス・プラットが紺色のスーツ姿で、妻のアンナ・ファリスと登場。思わぬ夫婦での登場に、集まったファンから大きな拍手が起こった。

 ジェニファーは「2人の男女のドラマにあふれているストーリーよ。そしてその人間性がさまざまな疑問を投げかけると思うわ。しかも宇宙だしね!クリスとは速攻で友達になったわ。撮影中のムードを作ってくれたし、キャラクター作りにすごく役だったわ。映画はきっとみんな驚くわよ!」とコメント。

 クリスは「素晴らしいストーリーなんだ。しかも、この映画は人間性があふれている!ロマンス、アドベンチャー、アクション、ドラマが絶妙なバランスで描かれている。これまで一度も読んだことがないような、信じられないくらい想像力にあふれたストーリーだったんだ。みんな気に入ると思うよ。ジェニファーは最高だよ!僕らは一生の友達になったね!」と。

 モルテン・ティルドゥム監督は「ジェニファーとクリスと一緒に仕事ができたのは最高だったよ!彼ら2人は劇中でスパークルするんじゃないかと思うほど、最高の科学反応があったんだ」と撮影を振り返った。

<ストーリー>
 20XX年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠装置で眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。何とか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

『パッセンジャー』
2017年3月24日(金)全国ロードショー

監督:モルテン・ティルドゥム(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)
脚本:ジョン・スペイツ(『ドクター・ストレンジ』『プロメテウス』)
キャスト:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える