• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『モアナと伝説の海』日本版の声は誰?『アナ雪』で話題を呼んだ主題歌“各国語Ver.”映像解禁

『モアナと伝説の海』 ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』の主題歌「How Far I’ll Go」の24か国語Ver.のミュージック・クリップが全米で解禁された。

『アナと雪の女王』で、松たか子の歌声が世界中の注目を集めた主題歌“各国語Ver.”のミュージッククリップ。『モアナと伝説の海』では、世界各国の吹き替えから24か国語が選ばれた。各国の声優が主題歌「How Far I’ll Go」をモアナの想いを込めて熱唱。英語版のアウリィ・カルバーリョをはじめ、タイ語、ブルガリア語、アイスランド語、ハンガリー語、タヒチ語、ロシア語、フランス語、中南米スペイン語、ギリシャ語、カスティーリャ語、デンマーク語、韓国語、ヘブライ語、スウェーデン語、ドイツ語、イタリア語、ポーランド語、ポルトガル語、中国語、チェコ語、ベトナム語、オランダ語…と24か国語が選ばれている。その大トリで、何よりも大事な歌詞“How Far I’ll Go”のパートを歌い上げるのが日本版のモアナ。その大抜擢に美しい歌声で応えた日本版モアナは誰が演じているのか、大きな話題を呼びそうだ。

 『モアナと伝説の海』は、アカデミー賞の前哨戦といわれる第74回ゴールデン・グローブ賞で、最優秀長編アニメーション賞と最優秀主題歌賞にノミネート。主題歌「How Far I’ll Go」は、『ハミルトン』でトニー賞を受賞しているブロードウェイ・ミュージカル界のスター、リン=マニュエル・ミランダが手掛けている。ゴールデン・グローブ賞に留まらず、『アナと雪の女王』に続きアカデミー歌曲賞への期待も高まっている。

『モアナと伝説の海』は、2017年3月10日(金)日本公開。

主題歌「How Far I’ll Go」24か国語Ver.(US版)

<ストーリー>
海に選ばれた少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。

『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金) 全国ロードショー

監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』、『アラジン』)
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

©2016 Disney. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える