• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中島裕翔、ちっちゃく1人壁ドン!「今日1日この企画を考えてて、ずっとナーバスだった」

93625_01_r Hey! Say! JUMPの中島裕翔主演映画「僕らのごはんは明日で待ってる」が2017年1月7日(土)より全国ロードショー。クリスマスを目前に控え、池袋サンシャインシティ内噴水広場に本作をイメージした特大オリジナル“うるキュン”クリスマスツリーが登場し、クリスマスツリー点灯イベントのスペシャルゲストとして出演者の中島と新木優子が登壇した。

中島による「ツリーはしっかりと点灯させていただいて、トークは転倒しないように気をつけたいな」という点灯式ギャグで、イベントがスタート。初めてのクリスマスツリー点灯式イベントとなった中島と新木。さらにもっとかわいい2人が見たいということで、中島はサンタ帽、新木はトナカイのカチューシャをつけることに。“僕は散々アイドル誌でやってるんで”と抵抗なくかぶる中島は、恥ずかしそうにつける新木に「似合ってるね」とひと言。準備も整った2人より点灯ボタンが押されると、テーマカラーのピンクとブルーに彩られ、噴水があがる演出も加わった美しいツリーに会場からは感嘆の声がもれていた。

クリスマスの思い出について「サンタさんが僕の頼んでたおもちゃじゃないものを間違えてプレゼントしてくれたんですが、英語でしたためたお詫びの手紙も届きました」と幼少期のサンタさんエピソードを語る中島。何のおもちゃだったか「ん~」と思い出しているところに、会場に駆けつけたファンから「かわいい~」と叫ばれると、これには中島も「考えてるだけでかわいいの?」と苦笑い。

クリスマスの理想の過ごし方を尋ねられた2人は「家族とごはんを食べながら過ごしたい」(中島)、「友達と楽しくワイワイしたいです」(新木)とそれぞれ思い思いの理想のプランを明かす。今年のクリスマスは、カラオケができるパーティールームを既に押さえているという新木に対し、中島が「何歌うの?」と質問すると「え~」とテレながらも「“恋ダンス”とか“マネキンチャレンジ”とか…」という答えが。そこで、すかさず中島は「あ~これね」とマネキンポーズで静止して、おちゃめな姿を見せた。

本作では、お互い積極的じゃない亮太とポジティブ女子・小春が徐々に距離を縮めていく、ぎこちない2人の不器用な恋愛が見どころ。ここで、そんなネガティブ男子・亮太を演じた中島からうるキュンプレゼント企画が行われることに。“今日1日この企画を考えてて、ずっとナーバスだった”と役柄同様ネガティブ発言が飛び出す中島だったが「去年一緒にお祝いできなかったけど、今年からずっと一緒にいたいな」とうるキュンメッセージからの、後ろのパネルに1人で「壁ドン」と言いながら胸キュンしぐさNO.1の壁ドンを優しく披露。新木からもうるキュン100%のお墨付きもいただき、会場のファンたちを感激でうるうる、キュンキュンさせるというまさに“うるキュン”イベントとなった。

「僕らのごはんは明日で待ってる」
2017年1月7日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

出演:中島裕翔/新木優子/美山加恋/岡山天音/片桐はいり/松原智恵子 ほか
監督・脚本:市井昌秀
原作:瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫)
配給:アスミック・エース
主題歌:ケツメイシ「僕らのために…」
公式サイト:bokugoha.com

©2017『僕らのごはんは明日で待ってる』

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える