• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

仲川遥香「10年間諦めずにやってきてよかった!」JKT48 5周年コンサート&卒業セレモニー開催

JKT48 AKB48グループ初の海外姉妹グループとしてインドネシアで活動中のJKT48が、デビュー5周年記念コンサート&仲川遥香卒業セレモニーを12月17日に開催した。

 イベントは、「B・E・L・I・E・V・E」のタイトルが示す通り、JKT48のメンバーがかなうと信じて目指している夢を、5年間応援してくれたファンとあらためて共有し、絆を深めるイベントとなった。会場には超満員の3000人が集まり、メンバー総勢68人濃密な時間を過ごした。

 5周年記念コンサートは、最新シングル曲「最高かよ」で幕開け。続いて「JKTフェスティバル」などの人気曲で会場を盛り上げた。今回のコンサートは、これまでの5年間を「doubt(疑い)」「struggle&tears(もがきと涙)」「happiness&love(幸せと愛)」「challenge(挑戦)」「dreams(夢)」の各テーマで演出。インドネシアで人気の「RIVER」など含め、それぞれのテーマに合わせた曲を披露した。

 中盤では、近野莉菜によるインドネシアの大衆音楽「ダンドゥット」に続き、メンバーによるJKT48バンドの演奏を披露。ユニットやダンスチームも盛り上がりを見せ「前しか向かねえ」「未来の扉」で5周年の思いを締めくくった。

 アンコールでは仲川遥香の卒業をテーマに、思い出の楽曲がずらり。仲川がジャカルタに来て初めて選抜入りした「ごめんね、SUMMER」から始まり、「大声ダイヤモンド」などを披露。終盤に近づき、ひまわりのドレスに身を包んだ仲川の登場とともに「夢の河」のイントロが流れると、会場からは悲鳴が。メインで歌うサビでは、声を詰まらせてしまうシーンも見られた。

 最後のMCで、仲川から感謝の手紙が読まれると、卒業の定番曲「桜の花びらたち」に。メンバーもファンも涙を浮かべながら、JKT48の功労者がグループを去る辛さと、温かく送り出そうという思いが会場を包んだ。

 最後は仲川が初めてセンターポジションを担った「恋するフォーチュンクッキー」、そして「ヘビーローテーション」へ。会場が一体となってイベントはフィナーレを迎えた。

<JKT48メンバーのコメント>

■チームT メロディー・ヌランダニ・ラクサニ(JKT48劇場支配人)

すごく楽しかったです!メンバー・ファン・スタッフが一つになって5周年をお祝いでき、感動しました。JKT48が組閣したばかりで準備の時間をとるのが大変でしたが、その努力が報われたコンサートでした。バンドンは私の地元なため、凱旋できてすごく誇りに思います。バンドンからだけでなく、ジャカルタやジャワ島、海外からもバンドンに来てくれるのは嬉しかったです。
ハルカについては、AKB48グループにいた10年間の最後がJKT48でいてくれたことが嬉しいです。いいムードで送り出すことができ安心しました。リハーサルの時には寂しいとは感じなかったのですが、実際に本番を迎えると、やはり寂しく感じますね。

■チームJ 仲川遥香

JKT48も5周年、大きくなりましたね!みんなが成長していく中、私もJKT48のメンバーと一緒に成長できたかと思います。
自分で来ようと決めて来た場所で、そして1番大好きなメンバーと卒業セレモニーができたこと、本当にうれしく思います。すごくきれいな、ひまわりをモチーフに作ってもらったドレスを着てみんなに見送ってもらえました。10年間諦めずにやってきてよかった!
ファンの方にもたくさん来ていただき、アンコールは「ハルカありがとう」とのコールもあり、ジャカルタでこんなにも多くの人に支えてもらったのだとあらためて実感しました。メンバーもファンの皆さんも私の家族です。ジャカルタに来れてよかった。大好きな場所です。

■チームKIII 近野莉菜

インドネシアの音楽であるダンドゥットをひとりで歌うことになり、プレッシャーのあまり吐きそうでしたが頑張りました!これからも上達すべく練習を続けたいです。遥香ちゃんのセレモニーについては、彼女らしさがすごく出ている楽しいものでした。本当に卒業するのか実感がなかったのですが、「夢の河」を聞いたときは現実と実感し一気に寂しくなりました。遥香ちゃんの卒業後もJKT48が寂しくなったと言われないよう、移籍組として頑張っていきます!

©JKT48 Project

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える