• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

自らのコメントに思わず「よしっ!!」棚橋弘至が圧倒的熱量で仮面ライダーたちを凌駕!

ゴースト&エグゼイド舞台挨拶

 公開中の映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」の大ヒット御礼舞台挨拶が都内で行われ、西銘駿、飯島寛騎、ゲスト出演者の棚橋弘至らが登壇した。

 MOVIE大戦シリーズから改め、“仮面ライダー平成ジェネレーションズ”として生まれ変わった仮面ライダー恒例の冬映画。12月10日に公開されると、初日満足度でも堂々の1位を記録し、前作「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」を超える大ヒットとなっている。

 映画の大ヒットについてMCから水を向けられた西銘と飯島は、「ただただうれしいです。ひとえに皆さんのおかげです」と感謝しきり。「僕だけじゃなくスタッフさんも含めて全員が命を燃やしてやっていたので…」と自身の役柄の決めぜりふを絡めながらコメントしようとすると、「そうだね。今後の糧になるよね」と『ちょこちょこ話を挟んでいくスタイル』の飯島に若干ペースを乱され気味の西銘。だが「はい!糧になります!…って僕のほうが先輩だよね!?」と以前と変わらない天真爛漫さで返し、集まったファンを喜ばせた。

 会見にはゴーストチームから大沢ひかる、エグゼイドチームから瀬戸利樹、松本享恭、松田るかが出席。先日の完成披露試写ではナーススタイルでの登場だった松田は、この日はポッピーピポパポの姿で登場。Twitter上で本人が熱望していた「コール&レスポンス」を客席に促すと、“ポピ推し”たちがしっかりとそれに応え一体感を生み出していた。

 また、2号、3号ライダーとして山本涼介、磯村勇斗とそれぞれ撮影が多かったという瀬戸と松本。山本と磯村が演じたマコトとアランは、カッコいいだけではなく、それぞれ妹のカノン(工藤美桜)が大好き、たこ焼きが大好きというクールさとはかけ離れた一面も持っており、「大丈夫。大我(松本)もいずれこうなるよ」と予告されたと松本が告白。今のところ劇中ではクールな天才外科医、ダークな闇医者の粋を出ていないが、今後のキャラ転換に期待が高まるひと幕となった。

 いっぽう、『アメトーーク!』の仮面ライダー芸人回にも出演するなど、仮面ライダーには人一倍の愛情を持つ棚橋は、飯島、西銘と共に変身ポーズを披露。45年の歴史を持つ仮面ライダーの中から『仮面ライダーW』をチョイスすると、左翔太郎とフィリップを1人で演じる芸の細かさを見せつつ「さあ、お前の罪を数えろ!」と決めて満面の笑み。「またここに帰ってきたい」と再度のゲスト出演に色気を見せていた。

 会見の最後に2017年の抱負を聞かれた一同。松本が「来年は“バーン!”でもっとたくさんの皆さんの心を打ち抜きたい」と大我らしくコメントするなど出演者たちが挨拶を終えると、来年1月4日に東京ドームで“プロレス界で最も神ってる男”内藤哲也が保持するIWGPインターコンチネンタル王座に挑む棚橋は、「そこでベルトを取ったら(ライダーたちと並んで)全員ベルトを巻いていることになるので、チャンピオンになって必ずここに帰ってきます!」とまたもやアピール。本業とライダー愛を絶妙に絡めたコメントを「よしっ!!」と自画自賛するなど、誰よりもこの場を楽しんでいる様子だった。

 映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」は大ヒット上映中。劇中には白石隼也(仮面ライダーウィザード)、竹内涼真(仮面ライダードライブ)なども出演している。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える