• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

篠原涼子、吹き替え初挑戦! 「ワールド・ウォー」でブラッド・ピットの妻に

ハリウッド映画の吹き替えに初挑戦した篠原涼子

 映画「ワールド・ウォー」の声優発表が7月4日(木)、東京・麹町で行われ、ブラッド・ピット演じる主人公の妻カリン・レインの日本語吹き替えを担当する篠原涼子が登場した。

「ワールド・ウォー」は、全人類を絶滅へと導く“謎のウイルス”の感染の原因を解明するため、主人公ジェリー(ブラッド・ピット)がカオスと化した世界を奔走する今世紀最大のディザスターパニック・エンターテインメント作。

 篠原涼子が演じる役は、ミレイユ・イーノスが演じ、ブラッド・ピットが「彼女の役は一緒に闘うとても重要な役だった」と語っているポジション。ハリウッド映画の吹き替えは初挑戦だという篠原は「すごくやってみたい仕事だったのでお話をいただいてうれしかったです。カリンという女性を映像で見て得た直感を大切に、新鮮な気持ちで演じました。この映画は観ているだけで気持ちが高まるので、とてもやりやすかったですし、スタッフさんも優しくて楽しかったです」とコメント。

 また、映画については、「もうずっとハラハラドキドキの連続で、目が離せなかったです。私、こういう映画が大好きなので、もう「待ってました!』という感じです!やはり、家族や仲間、友人たちとの絆がピックアップされていて、それがブラッド・ピットさん演じるジェリーの原動力に繋がっているところが素晴らしかったです」と。

 そのブラッド・ピットについては、「とてもクールな役からコメディまで幅広い役を演じられる方で、本当にすてきな方だと思います。ジェリーの家族や友人を思いやる気持ちを感じながらアフレコに望めたので、私も役に入りやすかったです」と絶賛。 いっぽう、「この映画のように世界がパニックになったら?」という問いには、その状況を考えながら観ていたんですけど、答えが見つからなくて。ぜひ皆さんにご覧頂いて答えを教えてほしいなと思います」と語り、「私もまだまだアフレコは経験が少ないですが、この映画にふさわしいカリンという役を精いっぱい務めたいと思っております。頑張ります!」と意気込みを見せた。

 篠原涼子が「恋人や大切な人とご覧いただきたい作品です」と語る「ワールド・ウォー」は、8月10日(土)、全国超拡大ロードショー。

映画「ワールド・ウォー」公式サイト(http://www.worldwarz.jp/
オフィシャルFacebook(http://www.facebook.com/World.War.Z.jp
監督:マーク・フォースター『007/慰めの報酬』
出演:ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス
製作:ブラッド・ピット
製作総指揮:デビッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ
脚本:マシュー・マイケル・カーナハン
原作:マックス・ブルックス「ワールド・ウォー・ゼット」(文藝春秋刊)
(c)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える