• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

まもなく開幕の舞台「刑事・ル」稽古場からトリプル主演の3人のコメント到着

左から木ノ本嶺浩、辻本祐樹、林剛史

 舞台「刑事・ル(でか・る)」にトリプル主演という形で出演する辻本祐樹、木ノ本嶺浩、林剛史から、開幕に向けてのコメントが届いた。

「刑事・ル」は、刑事という職業を選んだ3人の男たちが日々直面する、事件という人間の非日常と、仕事という人間としての日常の間に生まれるドラマを、3人の作家の競作でによるオムニバスストーリーで描く。

「取り調べル」主演の辻本祐樹は「あなたにとっての“正義とはなにか”を考えさせられる舞台になっています。密室劇、兄弟愛、刑事コメディと3パターンの味が楽しめる作品です。私、辻本祐樹は初めての刑事役に挑戦!!ぜひご覧ください。皆さん、劇場でお待ちしております」とコメント。

「逮捕すル」主演の木ノ本嶺浩は、「各三つの物語のメッセージをしっかりと伝えたい。正義とは何か?見ていただいた方々の心に残るお芝居にしたいです。物語ごとに役が違うので、毎回変わるキャラクターも楽しみにしていただきたい。自分自身も楽しんで演じているので、本番が楽しみです」と。

「説得すル」主演の林剛史は、「三種三様のこの作品。初めて舞台を観る方から目の肥えた玄人まで必ず楽しんで頂ける作品となっています。自身の正義とは何かを感じてください!」とPR。

 3つのストーリーのうち毎回2つを上演する仕組みということで、木ノ本嶺浩は「毎回2つのストーリーを展開する中で、オープニングやエンディングの違いなど楽しめる要素満載です。物語のつなぎ方によって全体の印象が変わるのも魅力です!お楽しみに!」と語っている。

 舞台「刑事・ル」は、2013年7月10日(水)~7月19日(金)に東京・新宿のスペース・ゼロで上演。脚本は太田善也、演出は板垣恭一。ほかに加藤啓、井深克彦、井澤勇貴、健人らが出演。

舞台「刑事・ル」公式ブログ「刑事長のブログ」(http://ameblo.jp/dekale/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える