• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

SUPER JUNIORイトゥク&リョウクインタビュー「リョウクが泣くところ初めて見た」

94667_01_r SUPER JUNIORのイトゥク、リョウクがスイスを旅するリアルバラエティ「SUPER JUNIOR イトゥク・リョウク THE FRIENDS in スイス」がリリースされた。それを記念しイトゥク&リョウクのインタビューが到着。

 「リョウクが泣くところを初めて見た」(イトゥク)
 「旅行を通して、信頼できるメンバーの存在と大切さを改めて感じた」(リョウク)

◆スイス旅行が決まったときの気持ちを教えてください。

リョウク:正直に言うとスイスに行きたかったんです。死ぬ前までに必ず行きたい場所の1つでした。
イトゥク:僕たちとキュヒョンがスイス広報大使に選ばれたんですが…。
リョウク:広報大使でなくてもスイスに行こうと思っていたんです。いい機会をもらえて光栄でした。料理もおいしかったし、風景もきれいだった。すべてが最高でした。

◆2人旅はいかがでしたか?

リョウク:兄さん(イトゥク)とは2人だけで旅したことがありませんでした。(過去に)イタリアには行ったことがありましたが、ほかのメンバーたちも一緒だったんです。だから少しは不安はあったんですけど、一緒にいて楽でした。気も遣ってくれたので感謝しています。
イトゥク:リョウクと2人だと知らされていなかったんです。楽しみにしていましたが、ほかのメンバーには予定があり2人きりだと知って断ろうと思ったんです…。
リョウク:そこまで言わなくても(笑)
イトゥク:2人で何かをすることに慣れてなかったんです。2人きりは初めてでした。
リョウク:見えない壁があるみたいだね(笑)。
イトゥク:もし行ったとしても大変だろうと思って。
リョウク:ケンカとか?
イトゥク:それよりも無言になるのがイヤだったんです。でも実際は楽しかった。
リョウク:でしょ?(笑)
イトゥク:リョウクとも腹を割って話ができました。それにリョウクが泣くところを初めて見ました。強い子なのに涙をポロポロ流して。リョウクがグループの中では一番年下なんです。10年の付き合いですが成長したなと感じました。

◆ほかのメンバーの反応はどうでしたか?

イトゥク:キュヒョンが「一大事だ」と心配していました。ウニュクやキュヒョンが旅行するときは事前に計画をしっかり立てるんです。僕はただ休めればよくて、気ままに旅行がしたいタイプなんです。リョウクはそれを知らなかったので、どうしようかと心配でした。それでキュヒョンは「行くな」と。
リョウク:どうして?
イトゥク:そう言われたよ。
リョウク:キュヒョンめ!(笑)僕の場合は、メンバーよりスタッフが心配していました。「大丈夫?」と言われたけど、僕は心配していませんでした。兄さんなら僕の計画に一緒に来てくれると思ったんです。僕たちのリーダーだから心も広いですし、初日から順調でした。
イトゥク:そうだったね。
リョウク:別々の飛行機で行ったんです、仲が悪いわけでなく…。予定があって来るのを待ってたんですが、早く会いたかったです。
イトゥク:本当?

◆旅行でお互いの印象は変わりましたか?

リョウク:変わりませんね。
イトゥク:そうだね。
リョウク:これまでも素の自分を見せてきたし、10年も一緒にいれば隠せない。リーダーの気持ちも確認できました。旅行を通じて感じたんです、僕はずっとSUPER JUNIORだと。ソロで活動する時も「リョウクです」とは挨拶しないんです。「ソロデビューした、SUPER JUNIORのリョウクです」と言っています。旅を通じて変わりましたね、自覚が生まれた。信頼できるメンバーの存在を改めて感じたし、大切さを知りました。だから違う一面を見たとは感じませんでした。いい経験になりました。
イトゥク:いいこと言うね。
リョウク:本当によかった。
イトゥク:そうですね、帰国してから番組を見ているときに反省しました。それまでは少し距離があったんです。リョウクは年長のメンバーが声をかけるのを待ってくれていました。僕はリョウクに気を遣わせたくなくて、変に距離を置いていたと反省しました。今回の旅と番組を見て、リョウクは軍隊に行ってしまうので僕がもっと話しかければよかったと後悔しています。本当に純粋な子なんです。(この度で)仲よくなれたのに、すぐ入隊してしまうのが残念です。リョウクはミュージカルや演劇に出たり、ソロデビューもしました。それを見て思ったんです。最年少のリョウクでさえ気づいたらもう30歳です。ソロコンサートを見て、ソロでも立派に歌い上げる姿を見てカッコいいと感じました。

◆SUPER JUNIORとして今後どんな姿を見せてくれますか?

イトゥク:昔はとにかく1位になりたかったし、常に頂点にいたいと思っていました。でも時が経つにつれ、方向性が大切だと思うようになりました。メンバー全員で長く活動したいですね。これから20~30年間活動したいし、韓国だけでなく海外でも愛されたいです。僕たちに解散報道が出たときに反対してもらえるように頑張りたいと思います。
リョウク:兄さんは長く活動したいと言ったけど、僕は1位になれるよう頑張りたいです。
イトゥク:僕の立場がない(笑)。
リョウク:もちろん、長く活動したいです。メンバーとして個人でもグループでも成功するのが目標でした。それはずっと変わりません。僕たち2人の活動も応援してほしいです。
グループでも頑張ります。

◆これからDVDをご覧になる方へメッセージをお願いいたします。

イトゥク:「THE FRIENDS in スイス」をご覧になる日本の皆さん。僕たちなりに一生懸命ともに旅してきました。この番組を見れば、2人が親しくなる様子も見られますし、スイスの美しい風景も一緒に楽しめます。僕たちがスイスの魅力を代わりにお伝えします。もしできるなら、DVDをご覧になった後に僕たちが訪れた場所に行ってみてください。「2人が着た場所」だと思い出してほしいです。楽しんでください。
リョウク:スイスは本当にいい所です。ぜひ、僕たちと一緒に楽しんでください。SUPER JUNIORを末永く応援してくださいね。

【予告編】

「SUPER JUNIOR イトゥク・リョウク THE FRIENDS in スイス SET1&2」絶賛発売中
各6800円+税
発売元:TBSディグネット/TCエンタテインメント/ジェイケイリンク
販売元:TCエンタテインメント
©iHQ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える