• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超新星ソンモ主演で、韓国ミュージカル「宮」が開幕!

 韓国ミュージカル「宮(クン)」が7月5日(金)、大阪のシアターBRAVA!で初日を迎え、3年連続で主演に抜擢された超新星のソンモがカリスマあふれる皇太子イ・シンを好演した。

 韓国でミリオンセラーを記録した人気漫画が原作の同公演は、一般家庭に育った平凡な女子高生シン・チェギョンが、ひょんなことから皇太子イ・シンと出会い、さまざまな出来事を乗り越えて幸せを手に入れるさまを描いた王道のシンデレラストーリー。

 3年目という自信もあるのだろうか、その堂々たる演技から貫禄すら漂っていたソンモは、憂いを含んだ黒目がちな瞳と、余韻に満ちた甘い歌声が印象的。チェギョンへの不器用な愛を深く繊細に演じきり、皇太子としての孤独を歌うソロナンバー「I want freedom」では切なさのこもった歌声で観客を魅了。ときおり関西弁でのアドリブを交えるなど、観客を大いに楽しませていた。

 終演後にはハイタッチ会も開催され、無事に初日を終えた安堵感からか、役柄とは打って変わってにこやかな表情を見せていたソンモ。優しい人柄で知られる彼の素顔を間近で見ることができた観客たちからも、喜びの笑顔があふれていた。

 韓国ミュージカル「宮」は7月21日(日)まで大阪・シアターBRAVA!にて上演中。ソンモに加え、フン(U-KISS)、チェ・ミンファン(FTISLAND)がトリプル主演を務めるほか、シンと恋の火花を散らす皇太子第2継承者のイ・ユル役でキソプ(U-KISS)らが出演する。

韓国ミュージカル「宮」公式サイト(http://musicalgoong.com/2014/jp/main.php)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える