• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

千葉雄大「女の子の世界は怖い」清水富美加、飯豊まりえW主演「暗黒女子」で女生徒に翻弄される教師に

映画「暗黒女子」 清水富美加、飯豊まりえW主演の映画「暗黒女子」で、男性として唯一登場する教師役を千葉雄大が演じていることが分かった。

 本作は、読んでイヤな気持ちになる最悪の結末だが、後味が悪ければ悪いほど“クセ”になってしまう魅惑のミステリー=<イヤミス>の傑作、秋吉理香子の小説「暗黒女子」を映画化。セレブな名門女子高を舞台に、カリスマ女子高生・白石いつみの謎の死を巡り、彼女をとりまく文学サークルの仲間たちの壮絶なダマし合いを描く。

 清水富美加と飯豊まりえがW主演し、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈と注目の最旬若手女優の華麗なる競演が実現。それぞれがキラキラと輝く暗黒(裏の顔)を放つ、魅惑的な悪女を演じる。

 千葉が演じるのは、聖母マリア女子高等学院文学サークル顧問の北条先生。舞台となる女子高の唯一の男性キャラクターとなる。サークル部員の女子高生たちにからかわれて退席するなど、ウブな一面を持つが、教師として<あるまじき秘密>を隠しているという役柄だ。

 千葉は「今回演じた北条先生という役柄は、一見まっすぐなようで秘密を持っているので、難しい役柄でした。監督からは、教師として仕事をこなす部分ともうひとつの秘密の部分について、二面性を出してほしいと言われました。教師役は今回で2回目ですが、まわりが女の子ばかりで戸惑うことも多くありました。僕自身、男子校だったので、女子高というのはある意味新鮮でした。仲良さそうに見える女生徒たち1人ひとりの視点で物語が進んでいくのですが、女の子の世界は怖いなと思いました。普段知りえない女性ならではの世界だから、新しい目線で男性も見られると思います。最後のどんでん返しは衝撃的です」と語っている。

<ストーリー>
セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった白石いつみ(飯豊まりえ)が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、それとも事故なのか文からない。やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。親友だったいつみから会長を引き継いだ澄川小百合(清水富美加)は、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。今回のテーマは「いつみの死」。それぞれを“犯人”と告発する作品を発表していく。物語は5つ、動機と結末も5つ──果たして真実はどれ?

映画「暗黒女子」
2017年4月1日(土)“嘘つきの日”公開

出演:清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏/平祐奈/千葉雄大

原作:秋吉理香子『暗黒女子』(双葉文庫)
監督:耶雲哉治
脚本:岡田麿里

制作プロダクション:ROBOT

配給:東映/ショウゲート

公式サイト:ankoku-movie.jp

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える