• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

トレエン斎藤が『年越しクイズサバイバー』に2年連続出場!2017年は「スーパースターを目指す」

『くりぃむvs林修!年越しクイズサバイバー2016』 トレンディエンジェルの斎藤司が、くりぃむしちゅーと予備校講師・林修がMCを務めるテレビ朝日系の年越し特番『くりぃむvs林修!年越しクイズサバイバー2016』(12月31日(土)後6・00)に出演。くりぃむしちゅー率いる芸能人チーム50人の一員として、林先生率いる知識人チーム25人と白熱の早押しクイズバトルを繰り広げる。

 2年連続で芸能人チームに参戦した斎藤は、「お祭りモードでテンションが上がりました!」と興奮気味にコメント。同じくくりぃむしちゅーが出演する同局系『くりぃむクイズ ミラクル9』とは「違う一体感がありました」と言い、「年越しカウントダウンパーティーのすごさを、この年齢で感じました(笑)」と収録を振り返った。また、個人としての2016年は「いろんなお仕事をさせてもらって、これ以上ないくらいに充実の一年だった」と手ごたえを感じる一方、やはり多忙を極めたようで「適度に休みを取らないと…俺も人間だったんだなと痛感した一年でした(笑)」とも。2017年については「一つひとつの仕事を大事に、最終目標のスーパースターを目指していきます。僕が言うスーパースターとはジャスティン・ビーバーとかG-DRAGONとか。今、全然違うことをやっていますけど(笑)。同期のオリエンタルラジオの活動にも刺激を受けますし、来年は“常識を疑え”という心構えでやっていきます」と抱負を述べた。

 番組はこれまで2014年大みそか、2015年春、2015年秋、2015年大みそか、2016年秋と計5回放送され、戦績は芸能人チームの4勝に対し、知識人チームはわずか1勝。大みそかに限れば芸能人チームが2年連続で勝利を収めており、知識人チームは一度も笑顔で新年を迎えられずにいる。今回はとうとう、林先生がルール変更を検討し始めた(?)そうで、有田哲平からは「収録の途中で検討するのはやめてください!」とクレームの声が上がり、上田晋也も収録後に「今日の結果は別にして、人数一緒で良くないですか?」とハンデの解消を提案。当の林先生は「出し尽くしました。まさに消耗戦。話すことも残っていません…」と精根尽き果てた様子だったという。収録が11時間にも及んだ今回の戦い、その結果はぜひOAで。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える