• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

自分の好み色調で視聴できちゃう!世界初、YoutubeとInstagramを融合した「YOUSTAGRAM」の多機能MV公開

95051_01_r ミュージックビデオにYouTubeとInstagramを融合した世界初ともいえる「YOUSTAGRAM(ユースタグラム)」を採用した多機能ミュージックビデオが公開。

YouTube上に公開されたのは、ソロ・ユニットHaru.Robinson(ハル・ロビンソン)の新曲『Identity』のミュージックビデオ。このビデオ内に表示されるボタンを押すと、まるでInstagramのように自在に色調を変えられたり、トリミング機能さながらに本人ズームができたりする新感覚のミュージックビデオ。また、「#歌ってみた」へ対応するべく、2ヵ国語の歌詞とコード進行を表示ささえる機能も搭載している。

楽しみ方として、ノーマル、バイブラント、ソフト、グレイ、セピアの5パターンの色調を楽しめる色調変換フィルターにiPhone撮影モード、廻り込みアングルなど撮影レンズ、撮影アングルを変更できるカメラモードや本人へズームすることができるトリミング、カラオケバージョンに合わせ、歌詞(日本語/英語)と進行コードを表示することができる「#歌ってみた」モードの4パターンを使って自分好みのミュージックビデオが見られるというもの。

さらに、YOUSTAGRAMミュージックビデオ『Identity』は、楽曲の動画データをWEBサイトで公開しているので、スマートフォンから自由にダウンロード・保存をして、気に入ったパートを好きなモードに変換してシェアすることも。

また、2016年は引き続き「踊ってみた」動画が大流行となったが、その流れに逆行するような『Identity』の摩訶不思議な振り付けはプロダンサーでも2日踊らないと忘れてしまうほどの難解さ。しかも、最初から最後までカメラを止めることなく1カットで撮影したという。

<ソロユニット・Haru.Robinsonコメント>
歌を作りはじめたときから「自分の歌をたくさんの人に聴いてもらいたい」という気持ちが常にあります。しかし、自分の思いをうまく表現できたとしても、リスナーに届かないのであればボツになる。いつもその理想と現実の狭間で苦しみながら曲を書いています。「じゃあそれをそのまま歌詞にしてみよう」と思い、ただただ殴り書きのように綴っていき、この歌は完成しました。誰もが現実と理想の間でもがき、本当の自分を見失ってしまうことがあると思います。この歌は、見失ってしまった自分を探すことで、もがきながらでも新しい自分を作ろうとする思いを込めました。

<Haru.Robinson(ハル・ロビンソン)プロフィール>
福岡県出身、末並弘史(Vo&Gt)によるソロユニット。アコースティックギターの弾き語りのスタイルで、フォールを基盤にロックポップスなどを奏でるシンガーソングライター。福岡のストリートやライブハウスでの活動を経て、2007年に単身上京。現在は、東京下北沢のライブハウスを中心に活動しながら、2016年11月30日発売、JUJUの『あなた以外誰も愛せない』の作曲を担当するなど活動の幅を広げている。
さらに、2015年12月に公開されたデビュー曲『愛が降る街』は、2台のスマホを並べることにより物語が完成する縦型MVとして多数のテレビ番組で特集され話題となった。YouTubeの再生回数は新人アーティストとして異例の25万回を超えている。

公式サイト:http://www.harurobinson.com

Haru.Robinson新曲『Identity』

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える