• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

長澤まさみ、ベトナムでも大人気「あのキレイな子は誰?」

クボタの新CM「壁があるだから行く ベトナムトラクタ」篇 長澤まさみが出演するクボタの新CM「壁があるだから行く ベトナムトラクタ」篇が、2017年1月1日(日)から全国でオンエア開始。

 新CMシリーズでは、長澤まさみが世界中を一人旅するバックパッカーに扮する。行く先々で、「壁がある。だから、行く。クボタ」のスローガンの下、地元の人々の暮らしと社会にさまざまな形で貢献している「クボタ」を目の当たりにする姿を、現地ロケならではの臨場感あふれる世界観とともに表現する。

 CMは、長澤が最初の旅行先としてベトナムを訪問するところからスタートし、会う人会う人から「クボタにヨロシク!」と連発される。誰もが笑顔で感謝を述べる“クボタ”という存在に、全く心当たりがなく、困惑の表情を浮かべているところへ「Kubota」のロゴを付けた1台のトラクタが通過するというストーリー。

 ベトナム第一の都市・ホーチミン最大級のマーケット「ホックモン市場」での撮影では、終始にこやかな表情を浮かべ、休憩中にベトナムの風景を眺めたり、現地スタッフと記念写真を撮るなどすっかり現場に溶け込んでいた長澤。撮影中は、スタッフが通りすがりのベトナム人に「あそこで撮影している、キレイな子は誰?」と何度も尋ねられ、“キレイ”という意味の「デップクァー(Dep qua)」とベトナム語が飛び交っていたそう。

 CMの一番の見どころは、現地の人々とコミュニケーションを交わす自然体の長澤の姿。長澤自身も、初のベトナムロケにもかかわらず、「現地の方々がとても優しくて、アットホームな良い雰囲気の映像になったと思います」と仕上がりに自信を見せている。
 
 長澤は「私の父の実家が農家だったので、個人的にはこうした農業にまつわるCMに出演することができて、うれしい気持ちでいっぱいです(笑)」とCM出演の感想を。

 また「作物を育てる時に、人の手では届かないところを機械に補ってもらうとか、クボタさんの農作業用の機械がいろんな国で活躍していることとか、私自身、今回のロケで学んだことがたくさんありました。クボタさんの機械が世界中のいろんな人たちにもっともっと知ってもらえるよう、頑張って応援していきたいと思います!」と語っている。

 長澤が出演するクボタの新CM「壁があるだから行くベトナムトラクタ」篇は、2017年1月1日(日)から全国オンエア。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える