• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

石黒英雄がヴァンパイアに!水城せとな原作舞台「黒薔薇アリス」で初座長

「黒薔薇アリス」「失恋ショコラティエ」などで知られる漫画家・水城せとな原作コミック「黒薔薇アリス」の舞台化が決定し、石黒英雄が主人公のディミトリ・レヴァンドフスキ役を務めることが発表された。

 本作は、松本潤、石原さとみら豪華競演の月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(14)、真木よう子、西島秀俊出演の注目映画「脳内ポイズンベリー」(15)など次々と話題作を生み出す漫画家・水城が描くヴァンパイア・ラブストーリー。

 主人公の18世紀ウィーンで人気の若手オペラ歌手、ディミトリ・レヴァンドフスキを演じるのは、現在放映中のウルトラマン最新作「ウルトラマンオーブ」で主演を務める石黒英雄に決定した。

 石黒は「3年ぶりの舞台出演、そして初めて座長を務めさせて頂くことになり、今から緊張しています。水城せとな先生原作の作品舞台、『黒薔薇アリス』この作品でしか表現できない愛の形を舞台で体現できるよう頑張りたいと思っています。よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

舞台「黒薔薇アリス」

期間:2017年5月12日(金)~21日(日)
場所:Zeppブルーシアター六本木
主演:石黒英雄
原作:水城せとな(「黒薔薇アリス」小学館刊)
演出:キムラ真
脚本:赤澤ムック

公式サイトURL:www.cornflakes.jp/kurobara/

<あらすじ>
1908年、ウィーンでヴァンパイアとなった 人気テノール歌手のディミトリは、その力て?令嬢・アニエスカを手に入れようとするが、アニエスカはそれを拒み自ら命を絶ってしまう。吸血樹の力によって、アニエスカの肉体を朽ちずに残すことができたディミトリアはウィーンから日本へ。舞台は100年後の2008年、東京へと移る。高校教師・菊川梓は教え子の好青年生島光哉に言い寄られ、戸惑いなか?らも彼に惹かれてゆく。2人が乗った車の事故をきっかけに、梓の魂は100年ずっと眠り続けていたアニエスカの身体の中へ放たれた。 アニエスカの身体で覚醒した梓は新たにアリスと名付けられ、ディミトリと暮らすことになる。ディミトリはアニエスカを愛し、梓は光哉を愛する。身分の違いという壁に阻まれた、2つの悲しき想いが時代を越え、交錯して行く…。

©水城せとな/「黒薔薇アリス」小学館フラワーコミックスα/舞台「黒薔薇アリス」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える