• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“スローライフの母”のドキュメンタリー『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』予告編解禁

『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』 “スローライフの母”ターシャ・テューダーのドキュメンタリー映画『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』の予告編とビジュアルが解禁された。

 絵本作家として70年間も活躍し、子育てを終えた56歳の時にバーモント州の山奥で18世紀風の農家を建て、2008年にこの世を去るまで、自然に寄り添った暮らしを続けたターシャ・テューダー。1996年に日本で初めて「ターシャ・テューダー 手作りの世界 暖炉の火のそばで」(メディアファクトリー刊)が出版。そのナチュラルライフが注目を集め、名言を集めた「ターシャ・テューダーの言葉」シリーズやガーデニング本、絵本など合計66タイトルが刊行され、トータル350万部を超える驚異的な大ヒットを記録している。

 ターシャの暮らしはテレビでも紹介され、NHKでは2005年から合計4本の特集番組を放送。それ以降も、地上波、BSで繰り返し再放送される人気番組となっている。

 生誕100年に当たる2015年には、ターシャの生き方や暮らしを紹介する展覧会が開催され、2年をかけ日本全国に巡回。オープニングの松屋銀座では13万人が来場し、全国動員累計38万人を記録した。

 その生誕100年のクライマックスとして、過去10年間に渡り撮影されたライブラリー映像に加え、これまで公開が許可されなかった秘蔵映像や、現在のテューダー家の様子を捉えた【完全版】が映画となって公開される。

 予告編は、絵本の世界に迷い込んだようなバーモント州の山奥にある農家コーギコテージで暮らすターシャの四季ごとの風景や家族で楽しむ年中行事、共に暮らす動物たち、手作りのクリスマスツリーを囲んでの家族とのひと時や語らいといった、10年間に渡ってターシャを追い続けてきた映像から、彼女の人生の豊かさが伝わるだけでなく、観る者が生きるヒントがもらえるような、優しさと温かさに満ちた映像に仕上がっている。

 また、ターシャの長男であるセス・テューダー氏から、「コーギコテージをのぞくと、今でもそこにターシャがいるような気がします。でも、この映画の中ではターシャはまだ生きており、スクリーンを通して大勢の方が、その楽しい人柄や人柄に触れ、楽しんでくださる。家族としてこんなうれしいことはありません」と、映画公開に寄せてメッセージが届いている。

『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』予告編

<ストーリー>
米国バーモント州。雪深い山奥にある、18世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く1人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70年もの間、現役で活躍、離婚を経験し女手ひとつで4人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』
2017年4月15日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国公開

監督:松谷光絵
出演:ターシャ・テューダー/セス・テューダー/ウィンズロー・テューダー エイミー・テューダー
配給:KADOKAWA

公式サイト:http://tasha-movie.jp
©2017 映画「ターシャ・テューダー」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ