• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

NGT48・北原里英「日々の公演を大切にしていきたい」劇場一周年イベント開催

「NGT48劇場一周年記念 49000人を魅了したNGT48の魂!」 NGT48劇場オープン一周年の記念イベント「NGT48劇場一周年記念 49000人を魅了したNGT48の魂!」が、1月9日、10日の2日間にわたり開催された。

 一周年前日となる1月9日に行われた「NGT48劇場一周年記念 フライングLIVE~ありがとう一年!飛び出せ劇場!あなたに見てほしい!今、NGT SP~」は、これまで劇場に来たことがある人はもちろん、まだ、NGT48のことをよく知らないという人にも、NGT48のパフォーマンスを見てもらおうと劇場を飛び出して行われた無料ライブ。

 あいにく雨の中でも多くの人が集まり、開演前から会場は熱気に包まれた。そして、研究生をメインとしたライブの開演に合わせて雨がやむという奇跡も。チームNIIIライブ前には、篠田昭新潟市長が駆けつけ、「2年連続で新潟で総選挙を開催したい」という野望を語るひと幕も。

 2つのライブに集まった観客は2500名を超え、北原里英キャプテン「新潟の皆さんにもっと愛される存在になりたい」と、これまで以上に地域密着型のアイドルとして活動していくことを宣言した。

 17時からは、同会場で米山隆一新潟県知事を招き、「劇場オープン一周年記念セレモニー」を開催。メンバーの掛け声とともに、新潟のシンボルの「レインボータワー」がライトアップされると、「NGT48」の文字が浮かび上がり、タワーの展望台が動き出した。展望台は、震災以降、稼動していなかったが、劇場一周年を記念して、この日だけの限定復活。事前に一切告知されていなかったこともあり、まさかのサプライズに、会場からは大きな歓声が上がった。新潟市出身の加藤美南は「幼稚園の頃よく乗っていました。NGT48の力でいつかレインボータワーを動かしたいと思っていたのでうれしいです」と喜んだ。

 NGT48劇場オープン一周年の当日となる1月10日には、劇場をフル活用したイベントと特別記念公演を開催。昼には、劇場をロビーとステージの2会場に分け、3グループに分かれたメンバーが入れ替わり、それぞれで趣向を凝らしたイベントを展開。突然流れたAKB48グループの楽曲に合わせた即興創作ダンス披露や、ロビーのロッカーを活用した神経衰弱ゲームと多彩なイベントが続いた。公式プロフィールに記載された特技にうそがないかを検証するコーナーでは、「囲碁が得意」と自称する菅原りこが、実は信じられないくらい囲碁が弱いことが判明してしまう場面も。

 夜には、クライマックスとなる「NGT48劇場オープン一周年特別記念公演」を開催。1年前のこけら落としでも行った「PARTYが始まるよ」公演と現在行っている「パジャマドライブ」公演の楽曲を中心に、この1年間、劇場のステージで磨いてきたパフォーマンスを披露した。

 中盤では、北原、柏木由紀、荻野由佳をキャプテンにした3チームに分かれ、縄跳びや卓球、紙飛行機つかみなどのゲーム対決を。優勝のご褒美は「ヘビーローテーション」のセンターで、優勝した柏木チームからゲーム対決ではほとんど活躍していなかった西潟茉莉奈が勝ち取った。

 最後は、北原キャプテンが、「これからも新潟の皆さんに愛されるグループになれるよう、この私たちのホームであるNGT48劇場での日々の公演を大切にしていきたいと思います」とメッセージを。そして「Maxとき315号」を全員でパフォーマンスして、一周年記念特別公演を締めくくった。

 このイベントの模様を収録したDVD&Blu-rayが今夏リリースされることが決定。現在、公式サイトなどで予約申し込み受付中。

<NGT48キャプテン・北原里英コメント>

劇場がオープンして1年、こうして、毎公演満員のお客様に見ていただけたということに心から感謝しています。ありがとうございます。
1月20日にはNGT48にとって初めての単独コンサート、そして春にはメジャーデビューも控えています。全国に向けてはもちろんですが、これからも新潟の皆さんに愛されるグループになれるよう、この私たちのホームであるNGT48劇場での日々の公演を大切にしていきたいと思いますので、これからも劇場に遊びに来てください。応援よろしくお願いします。

NGT48公式サイト:https://ngt48.jp/

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える