• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『新・ミナミの帝王』千原ジュニアが“唯一緊張する相手”板尾創路との共演を振り返る

96848_01_R 関西テレビ放送・カンテレが2010年から制作しているドラマシリーズ『新・ミナミの帝王』(※関西ローカル)で主演を務める千原ジュニアの囲み取材が行われ、作品への思いや劇場版にまつわるエピソードなどを語った。

本作は、原作・天王寺大の漫画「ミナミの帝王」を実写化したもので、ジュニア演じる金貸しの萬田銀次郎が、借金せざるを得なくなった依頼人の背景に切り込んでいく姿を描く。シリーズ第13弾の『新・ミナミの帝王13~光と影~』がカンテレで1月14日(土)後3・00から放送。また、1月14日(土)からシリーズ初の映画「劇場版 新・ミナミの帝王」が全国順次公開される。

シリーズが13作続いたことについてジュニアは「まさかこんなに続くとは…。7年ですか?すごいですね!小学2年生の人が中学2年生ですからね(笑)」と照れながらも喜びを表現。また、自身の芝居については「バラエティだと自分の中に正解があるので“もうちょっとこうやったら”とか、“ここは我ながらよし!合格点かな”とかはありますけど、お芝居は現場で監督がOKって言ったからOKなんやろうということで、自分ではよく分からない恥ずかしさもあります」とお笑いの仕事とは違った難しさを感じていることを明かし「作中では僕はゴジラみたいなもので、僕が出てきてその周りを“わ~”って逃げ回って追い回して、みたいな。だから本当に周りの人たち、周りの役者さんに助けられているなという感じですね」と語った。

また、映画で先輩の板尾創路と共演したジュニアは「気恥ずかしさみたいなものがある中で、25年前に一緒に歩いていたミナミを舞台にした映画を2人でやらしてもらうというのは、不思議な感覚でしたね。だからもう2度とやりたくないですね(笑)。次回は本当に(千原)せいじとほんこんさんに出てほしい(笑)」とコメント。そして「ドラマよりパワーアップしています! ドラマは関西のみですけど、映画になることによって関東とか地方の方にも見ていただけると思います!」と映画をPRした。

ドラマシリーズ最新作『新・ミナミの帝王13~光と影~』は、カンテレで1月14日(土)後3・00~4・30放送。また、映画「劇場版 新・ミナミの帝王」も1月14日(土)から全国順次ロードーショー。

『新・ミナミの帝王』オフィシャルサイト
http://www.ktv.jp/minami/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える