• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

廣瀬智紀の天然ぶりに青木玄徳が「初対面からいじりたいと…」

廣瀬智紀(右)と青木玄徳

廣瀬智紀(右)と青木玄徳

 映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」(3/4(土)公開)の完成披露イベントが行われ、廣瀬智紀、青木玄徳が登壇した。

 本作は“2.5次元俳優”として注目を集める廣瀬智紀が主演の探偵映画。過去のトラウマを抱える探偵・紅伊玲二(廣瀬)が、「行方不明の父親を探してほしい」という少年の依頼を解決していく。クールな玲二と、その相棒で熱血漢の藍彰二(青木)との掛け合いも見どころだ。

 廣瀬は、その役どころについて「玲二はクールだけど情にもろい。心の弱さを持ちつつも、探偵の仕事をプロとしてやりつつ…」と説明しながら言葉に詰ままらせると、すかさず青木が「自分で自分が作った迷宮に迷い込んでいますね(笑)」とフォロー。思わず廣瀬も「(こういうことが)よくあるんです…」と苦笑いを浮かべた。

 作品について「セットや車がレトロで、いろんなところにこだわりがあります」と青木。「そういう世界観は玲二発信。廣瀬さんと玲二は重なる部分があるので、廣瀬さんとのコミュニケーションを演技に反映させていきたいと思っていました。もし、彰二の出来を評価していただけるのであれば、それは廣瀬さんの役作りあってこそ」と語り、会場から大きな拍手を浴びた。廣瀬は驚きつつも「(青木君が)自分を信じてくれたからこそ、自由に演じられました。青木君のおかげです」とオーバーな身振り手振りを交えて感謝を伝えた。

 本作で初共演となる2人。青木の第一印象を聞かれた廣瀬は、「玲二みたいにクールな方かと思っていましたが、ひと目見て違うと思ったんです。歩き方が“オス”で…」と語り、実際に青木が歩いてみるも廣瀬の反応は今ひとつ。青木から「今“それじゃない”って思ってたよね」とツッコミを受けた廣瀬は、自身も青木の歩き方を再現することに。廣瀬は不良少年のように肩を大きく揺らしてステージを練り歩き、会場は大爆笑。青木は「そんな歩き方してないから!」と全力で否定していた。

 青木が「初対面からいじりたいって思った」と語るように、この日も遺憾なく天然ぶりを発揮した廣瀬。しゃべりながら立ち位置がズレてしまった際は、MCに促され元の位置に戻ると満面の笑みでピースサイン。また、主演作でありながら「僕の話はいいんですよ」と恐縮するなど集まったファンを笑わせていた。極め付きは、自身が担当する主題歌のレコーディングの再現。脱力してスキップを踏むような廣瀬独特のノリ方に会場は大爆笑に包まれた。一方で廣瀬は主題歌担当について「”自分でいいのかな?”と思いましたが、作品のためになるなら、と楽しんでやらせていただきました」と喜びを語り、青木も「歌うまいですよね。あと声が甘い!」と絶賛していた。

 最後に2人は「こういったイベントも楽しいしうれしいですが、僕たちは役者なので、役者として映像の中で動いている姿を見ていただけたらうれしいです。僕たちは続編に意欲もあるので、シリーズ化…は言い過ぎかもしれないですが(笑)、もしそういうことがあればパワーアップした姿を見せたい」(廣瀬)、「去年の梅雨ぐらいに作品を撮り、ついに作品が世に出る機会を与えていただきありがたいです。その日も皆さんにお集まりいただけたらうれしいです」(青木)と客席に向けメッセージを送った。

 映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」は、3月4日(土)よりユナイテッドシネマ豊洲ほか順次公開。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える