• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「『北の国から』の純のイメージを変えてほしいと…」吉岡秀隆が声で魅せるドラマ『朗読屋』が放送

朗読屋

 1月18日(水)放送の山口発地域ドラマ『朗読屋』(BSプレミアム 後10・00)の完成試写会に、主演の吉岡秀隆と吉岡里帆の“ダブル吉岡”が登壇した。

 本作は、山口県が生んだ詩人・中原中也の詩を軸に、美しい風景と詩の朗読が響きあうファンタジックで心温まる物語。ある日突然、妻に去られ眠れない日々を過ごす主人公・マモル(吉岡秀隆)が、深夜に24時間図書館を訪れたことをきっかけに物語が動き始める。脚本は「かもめ食堂」の荻上直子。

 完成した作品に吉岡秀隆は、「荻上さんの書く1つひとつのせりふと、何とも言えない優しい空間の中で、(中原)中也の詩を優しく中和するようなドラマになったことがとてもうれしく思います」とコメント。荻上のファンだという吉岡里帆も、「物語が進むにつれて心がほぐれていくのが分かります。荻上さんの描かれる世界が少しファンタジーと言いますか、夢物語のような別の空間に誘われていく、その作り方がすごく魅力的で美しいです」と脚本の魅力を伝えた。

 今回が初共演で「いつか会えるかもと思っていたら意外と早く…(笑)」(吉岡秀隆)、「大大大先輩でまさかお会いできるとも思っていなかった…」(吉岡里帆)と、“ダブル吉岡”の実現を喜び合った2人。吉岡里帆が撮影中に「私は自信がない」「毎回この仕事を続けられるんだろうかと思います」と悩みを打ち明けると、「僕もそうだよ。自信を持ってやっていないことのほうがいいんじゃないかな」と吉岡秀隆からアドバイスをもらったことも明かされた。

 本作で24時間図書館を訪れたマモルは、ひとみ(吉岡里帆)に朗読屋という仕事を紹介され、老婦人・玲子(市原悦子)に中也の詩を朗読する日々を送ることに。劇中では、このマモルの詩の朗読が印象的で、記者からも秀隆の声について質問が。すると、秀隆は「自分ではいい声だとは思ってないんですけど…」と苦笑い。『Dr.コトー診療所』のときに監督から「(『北の国から』の)純君のイメージが強すぎるから声を変えてほしい」と言われたそうで、「そのとき初めて声の印象ってすごく重要なんだなと思ったんです。心地いい芝居をしたいなと思うと、声は重要な武器だと思っています」と語った。

 山口発地域ドラマ『朗読屋』(BSプレミアム)は、1月18日(水)後10・00放送。

山口発地域ドラマ『朗読屋』
放送日時:1月18日(水)
放送局:BSプレミアム
放送時間:後10・00~11・00
番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/yamaguchi/roudokuya/

<スタッフ&キャスト>
脚本:荻上直子
演出:関友太郎
制作統括:中野信子
出演:吉岡秀隆、吉岡里帆、緒川たまき、市川実日子、前野朋哉、富岡英里子、山下真司、市原悦子

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える