• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

浜辺美波「みんなで仲良くエゴサーチしてます」劇場版「咲-saki-」完成披露上映イベントに清澄高校麻雀部、ライバル校のメンバー大集結

97653_01_R 劇場版「咲-saki-」が2月3日(金)より全国ロードショー。これに先駆け、完成披露上映会が実施され、出演者の浜辺美波、浅川梨奈、廣田あいか、古畑星夏、山田杏奈が登壇した。

麻雀青春漫画「咲-saki-」の実写化プロジェクトとして、ドラマに続き清澄高校麻雀部とライバル校との県大会予選の様子が描かれる本作。イベント冒頭、浅川のMCでライバル校の龍門渕高校から永尾まりや、風越女子高校から佐野ひなこ、鶴賀学園から岡本夏美、あのらを呼び込むと、唯一生徒ではなく先生役の佐野は「私、劇中では(麻雀を)打つ方じゃないんですけど…そして風越女子高校の生徒がいらっしゃないんですけど頑張ります(笑)」と恐縮ぎみにあいさつを。

初主演の感想について浜辺は「座長という立場でもあったので、とても緊張しました。でも清澄のメンバーをはじめとするキャスト、スタッフのみなさんに支えられ、この日を迎えることが出来て本当に感謝しています。みんなのことがとても大好きになりました」とコメント。

“撮影で印象に残っていること”をテーマにしたフリートークでは、急に振られたあのが「キレイな、景色の…土手が」と途切れ途切れに話し始めると、すかさず隣にいた岡本のフォローが入り、「2人で光が差し込んでいる土手でのシーンがあったんですけど、そこの景色がとてもキレイだった!ってことでよろしいですかね」と通訳されるひと幕も。

古畑は「可愛くてマシュマロちゃんみたいな浜辺美波ちゃんの話なんですけど。一緒にごはんを食べることが多くて、その度必ずコーラを頼むんです!見た目は、100%オレンジジュースみたいな感じなのに」と浜辺のギャップ萌えについて熱弁する。いっぽう永尾が「撮影現場にクワガタが落ちてきたんです!」と話すと、浅川からは「カメムシ大発生して、スタッフさんがカメムシを踏んで強烈な匂いを放つ中、撮影をするっていう…」と虫トークになっていき、廣田が「楽しかった話してたのに…」と苦笑いするひと幕も。そんな中、山田は「みんなで合宿したりとか、一緒に過ごす時間が長くて楽しかった」と思い出エピソードを明かし、データや経験を重んじる役柄同様しっかりした一面をみせていた。

さらに、浜辺が「本当にここにいるみんなが面白くていい人ばかりなんです。浅川さんは、全部をまとめてくれて、星夏ちゃんは面白い話をしてくれる。岡本さんも一緒のシーンではたくさんお話しました、あのちゃんにはあの細い腕を触らせていただいて(笑)。あいちゃんは横顔を見るだけで幸せになれますし、杏奈ちゃんは同じ年ということでつまんない話をずっとしていたり。永尾さんはすごく可愛いなってモニターで観てたし、佐野さんも同じくモニター前ですが、素晴らしい先生で最後のデレたシーンなんかはニヤっとしちゃいました」と登壇している出演者全員との思い出や印象を語ると、それぞれ照れた表情を浮かべる面々。

続いて、サプライズ登場した監督を交えてパイ(牌)投げプレゼント大会へ。実はこの中にハートが描かれた牌が何個かあり、その牌をゲットした人はサイン入りポスターと台本がもらえるというもので、これには観客も大盛り上がり。ファンとの交流を楽しんだ後、浜辺が「この上映イベントが終わっても、みんなで仲良くエゴサーチをしているのでSNSで感想などつぶやいて拡散してくれたら嬉しいなと思います」と会場を沸かせ、イベントを締めくくった。

劇場版「咲-saki-」
2月3日(金)よりTOHOシネマズ日本橋 ほか全国ロードショー

公式HP:http://www.saki-project.jp
公式twitter:@saki_project

©小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える