• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

AKB48・向井地美音がソロコンサート開催「20周年までAKB48に居続けたい!」

「向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」 AKB48の向井地美音による「向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」が19日、東京・TOKYO DOME CITY HALLで開催された。

 生まれたころの写真や幼少期の映像、そしてAKB48のオーディション、加入後のレッスンやステージでのパフォーマンスと、これまでの軌跡が映し出された後、向井地美音のソロコンサートの幕が上がった。

「緊張はしなかった」というように、幕開けの「天使のしっぽ」から笑顔全開。一番好きな楽曲と語る「Dear my teacher」などで会場を沸かせ、熱い「みーおん!」コールが送られた。「LOVE修行」では、「サインボールを会場にまんべんなく打ちなさい!」との修行が課され、元テニス部の腕に期待がかかったが、アリーナ席にしか届かず「無理でしたー!」とおどける場面も。

 中盤では、劇場でAKB48について語る向井地のインタビュー映像を上映。加入前の思い出として、劇場で間近でメンバーのキラキラしたパフォーマンスを見てAKB48を目指したことや、先輩への憧れや思いなどについて語った。続く楽曲では、その尊敬してやまない先輩たちのライブ映像と共演。「制服レジスタンス」では板野友美、「Bird」では高橋みなみ、「黒い天使」では前田敦子と、それぞれのかつてのライブ映像と、映像の中の先輩たちが着ているオリジナル衣装に身を包んだ向井地のコラボパフォーマンスが繰り広げられた。

 そして、あまりダンスが得意な方ではないと自分では感じている向井地が、それを払拭しようと、激しいダンスナンバーの「ALIVE」をダンサーを従えてパフォーマンス。続いては一転して、自身がセンターを務めた初のシングル曲「翼はいらない」をアコースティックギター弾き語りで情緒たっぷりに披露した。

 その後、ステージ裏に下がり、次の曲の準備に取り掛かろうとする向井地を、いろいろなスタッフが邪魔をしてしまうハプニング演出も。焦りながらも何とかステージに向かう向井地が着替えができないまま客席に放り出されてしまったかと思いきや、いつの間にか新しい衣装姿で登場。サクランボの飴をプレゼントしながら、3階席からアリーナまで周った。

 終盤は、「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」など、AKB48を代表するシングルでたたみかけ、コンサートはいよいよクライマックスへ。実はこの日は、4年前に向井地が15期生の最終オーディションに合格し、AKB48入りを果たした記念の日。「4年前のこの日にすべてが始まりました」と、ファンに語りかけると、ソロコンサート決定が発表された時の不安な気持ちや、普段感じているジレンマなどを素直に告白。そして、「いい子ちゃんでいるのはやめようと思います!AKB48の先頭を走っていける人になりたいと思います!私がやらなきゃ誰がやるんだ!」と力強く語った。さらに「20周年までAKB48に居続けたい!」と宣言し、会場を驚かせた。

 本編最後は「桜の木になろう」。ここまで終始笑顔でパフォーマンスしてきた向井地が、AKB48を好きになったときによく聞いていたというこの楽曲で初めて涙を見せ、声を詰まらせた。

 アンコール明けには「LALALAメッセージ」を会場のファンと共に大合唱。スクリーンには、メンバーやファンからの向井地へのメッセージが映し出された。さらに小嶋陽菜から「埼玉から来ましたの自己紹介あげる」とのメッセージが寄せられると、向井地は「やったー!」と大喜び。歌い終えると早速「埼玉から来ました向井地美音です!」と先輩から受け継いだ自己紹介を披露した。ラストは「ヘビーローテーション」で締めくくり、「最高の日になりました!」と笑顔を見せた。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える