• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

三宅裕司が自虐ネタ「去年入院しました」

 健康情報バラエティ『健康カプセル!ゲンキの時間』(TBS系 (日)前7・00)の1時間スペシャル(12月23日OA)の収録が行われ、MCの三宅裕司、渡辺満里奈、アシスタントの英玲奈、ゲストの大地真央、薬丸裕英らが撮影後に行われた囲み会見に登場した。
『~ゲンキの時間』は、“ニッポンの皆様に健康生活を!”をキーワードに、すぐに役立つ健康情報を紹介していく健康情報バラエティ。毎回、リサーチャーが健康に関する1つのテーマを徹底調査し、その健康情報をクイズにして出題。その問題に三宅、渡辺、英玲奈が挑戦しながら、ゲンキになるための情報を学んでいく。
 12月23日の回では、リサーチャーに川島明、林家木久蔵を迎え、「内臓アンチエイジング 胃&肝臓一斉メンテナンス1時間SP!」と題して、クリスマスや忘年会、お正月と暴飲暴食が続いてしまいがちの時期に知っておきたい“身体の中からゲンキになれる!内臓の機能を若返らせるための秘訣”を紹介。川島らが出した「飲み過ぎたときの対処法として、2日酔いを防ぐにはよく寝た方がいい?寝ない方がいい?」や、「肝臓の負担を和らげる飲み物は、味噌汁?グレープフルーツジュース?珈琲?スポーツドリンク?」などの問題に、「朝はフルーツをたくさん食べ、去年から自家製の酵素ジュースを飲んでいる」と語るゲストの大地、「最近、お店のはしごができなくなってきた」と嘆く薬丸らが挑戦する。
 収録後の会見で、三宅が「無塩トマトジュースを飲む、無糖ヨーグルトを食べる、かむ回数は20回」という自己流の健康法を紹介したが、その効果を問われると「去年入院しました」と、自虐ネタで爆笑を起こした。また、クイズの結果でミラクルを起こした薬丸に対して「レギュラーにしたい」と熱烈ラブコールを送った。初出演の大地は、「ためになる素敵な番組だと思いました。視聴者として、これからも楽しみです」と番組をアピールした。
 身体の中から若返り、年末の内臓の疲れをリフレッシュして元気な新年を迎えるための情報が満載の番組『健康カプセル!ゲンキの時間』は、TBS系で毎週(日)前7・00から放送中。
 
『健康カプセル!ゲンキの時間』公式サイト(http://hicbc.com/tv/genki/)
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える