• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

吉本実憂インタビュー「危なっかしい花火を助けてあげたいと思った」ドラマ『クズの本懐』

吉本実憂インタビュー「危なっかしい花火を助けてあげたいと思った」ドラマ『クズの本懐』

ドラマ『クズの本懐』で主役の女子高校生・花火を演じる吉本実憂さん。本作は横槍メンゴの同名漫画を原作に、好きな人に振り向いてもらえない寂しさから、花火が同級生の麦(桜田通)と“契約”をして恋人関係になり、純粋であるが故にゆがんでいく恋愛模様を過激な描写を交えながら描く意欲作。難役を体当たりで演じた吉本さんに、作品の魅力や撮影中のエピソードなどを伺いました。

吉本実憂インタビュー

◆ドラマ『クズの本懐』は過激な描写も含まれる恋愛作品ですが、今回主演を務めるまでのいきさつを教えてください。

今回オーディションで役を頂いたんですが、やっぱり過激なシーンもある作品だったのでオーディションを受けるのもちょっと悩みました。でも原作や台本を読んだときに、安楽岡花火という女の子をほっとけなかったんです。花火はすごく純粋で、寂しがり屋で、何をするか分からないような危なっかしさがある女の子で、助けてあげたいって思ったんです。それでどうやったら助けられるだろうと考えたときに、私がとにかく演じてみようと。花火という役としっかり向き合って、演じることで、もしかしたら花火を助けられるかもしれない。そう思うようになってからオーディションを受けさせていただいて、花火を演じました。

◆原作を読んだときに“花火を助けてあげたいと思った”ということですが、それをどういうことでしょうか。

私は花火を演じる役者として原作を読んだので、とても難しそうな役だなと思いました。純粋だからゆがんじゃったり、過激なシーンもあったりするけど、そういう行動にも全部意味があるので、そこを表現するのは難しそうだなあと。でも私は難しければ難しいほど、突き進んでいきたいタイプなので、漫画を読んで“頑張ろう!”って気合が入りました。

◆どんなポイントに気をつけて花火を演じられたんですか?

花火というキャラクターは3人いるんです。まず“現実にいる花火”がいて、次に“モノローグで話す花火”がいて、そして“幻の花火”がいる。この3つの柱で成り立っているのが花火で、みんな同じ人間なんですが、ちょっとずつ違うんです。現実にいる花火はそのままでいいんですが、モノローグは花火の本心を言っていて、幻の花火は本心よりももっと深いところというか、花火に教えてあげる立場、花火に一歩踏み出させるような立場にいる子なんです。それを演じ分けるのが難しかった!(笑) 3人の花火の他のキャラクターに対する思いなんかも考えると、今回は全12色の花火を演じ分けました。

◆かなり難しい演技を求められたんですね。

はい。でも、なかなか経験できないことをやらせていただいたと思います。ありがたいことに監督やキャストの方ともたくさんお話しできたし、すごく恵まれた環境で撮影に臨むことができました。

◆花火の一番の魅力はどこだと感じましたか?

花火という名前のとおり、一瞬光ったと思えば、次の瞬間には闇に戻っていく、そういう危なっかしいところが私は好きです。心が揺れ動く感じというか、花火は純愛と寂しさの間を常に揺れ動いている子なんです。そんな純粋な子だからこそ、契約をしちゃうんですよね。

◆そんな花火と自分が似ていると感じる部分はありますか?

好きなことに関しては、好きという気持ちがすごく強いところかな。私はお芝居がすごく大好きで、花火はお兄ちゃん(※水田航生演じる金井鳴海)のことが大好きで、その“好き”っていう気持ち、一途な気持ちが似ていたらいいなと思います。

吉本実憂インタビュー

◆もし吉本さんが花火に恋愛相談されたらどんなアドバイスをしますか?

“いいんじゃない?”って答えちゃうかも。本当に人って自由だと思うし、自由な人が増えてほしいってすごく思うんです。だから好きな人がいるのに契約しちゃうとか、そういったことも全否定したくはなくて、でもアドバイスもできないので、本人が好きなようにやればいいのかなと。それで後悔したら反省して、また次に生かせばいいと思います。

◆既にクランクアップしているということですが、撮影を振り返って印象的なシーンはどこですか?

いっぱいあるなあ。どのシーンも思い出深いんですけど、序盤の方でお兄ちゃんに“花ちゃんは(髪形が)短い方が好き、似合ってる”って言われるんです。私は男性の言葉にあまりキュンキュンしないタイプなんですけど、あれはダメでした(笑)。そのシーンは、お兄ちゃんの言葉を聞いたときは“ふーん”みたいな顔をして、お兄ちゃんから顔をそらして振り返って照れるという芝居だったんです。けどもうリハーサルのときから、言われた瞬間にうれしい感情が出てるって言われちゃって(笑)。今も話しててもテンションが上がるくらいドキドキしちゃいました。役に合わせて髪をばっさり切ったんですけど、これだけ短くするのが5年ぶりくらいで、多分そういったことも影響したのかなと。

◆花火と吉本さん自身の感覚がリンクしたシーンなんですね。

はい、もう本当にあのシーンはダメだったんです(笑)。しかも、水田航生君はめちゃくちゃお兄ちゃんなんですよ。カメラが回っていないときも常にお兄ちゃんでいてくれたので、お芝居もすごくやりやすかったです。

◆逆に一番大変だったシーンはありましたか?

泣き芝居ですね。吉本実憂の泣き方になってしまったら、それは花火ではないので、そういうところは特に気をつけました。花火の明るくて元気な性格は、私自身の性格に近いんですが、泣き方に関しては全く違っていて、花火はすごい純粋な泣き方をするんですよ。なので泣き芝居のときはバックグラウンドとかをしっかり作って、特に集中してやりました。

◆今回難しい役だったということでしたが、演じてみて再確認できたことはありましたか?

実は私、真っすぐ歩けないことに気づいたんです…。下校のシーンを引きで撮ったりするんですけど、監督からすぐにカットがかかって、やり直しになるんです。それで私が修正点を聞きに行くと、真っすぐ歩けてないって指摘されて。私は真っすぐ歩いているつもりなのに(笑)。だから1人で歩くシーンは、毎回撮り直しましたね。何で真っすぐ歩けないのかはいまだに理由が分からなくて、いつか病院に行こう思います(笑)。

◆タイトルが『クズの本懐』ということで人の弱さや愚かさを描いた作品だと思いますが、吉本さんが一番「クズだなあ」と思ったキャラクターの言動は何ですか?

茜さんですね(笑)。花火のせりふで“興味がない人から向けられる好意ほど気持ちの悪いものってないでしょ”っていうのがあるんです。そのせりふの対になる感じで、茜さんが“男性から向けられる好意ほど気持ちのいいものなんてないのに”ということを言うんです。何だかその対比がぞわっとするというか、それがクズがどうかは分からないですけど、鳥肌が立ちましたね。

◆自分のここが「クズだなあ」「ダメだなあ」と思う部分がもしあれば教えてください。

私はもともとポジティブな方ではなかったんですよ。自分に自信がなくて、けどだからこそ頑張れる部分があって。でも、今年はもっと前向きに、自分のすべてを受け入れられる年にしたいって決めたんです。自分がマイナスだと感じたこともお芝居に生かしていける、そう思えば全部プラスになるじゃないですか。だから今は、自分に対してネガティブな感情はないんです。まあでも、真っすぐ歩けないのは治したいかな(笑)。

吉本実憂インタビュー

◆『クズの本懐』はドラマ化と同じタイミングでアニメ化もされました。アニメ版を見てどう思われましたか?

アニメの第1話をクランクイン近くに見させていただいて、私が演じている花火と、いい意味で違っているなと感じました。アニメの花火は私が思っているよりクールで、ドラマの花火は逆に明るくて、本当にいい意味で裏切られましたね。もちろん『クズの本懐』というタイトルと内容は一緒なんですけど、原作もアニメもドラマも全部違う作品になっているんですよ。皆さんには、アニメならではの『クズの本懐』を楽しんでほしいですし、こういった人間ドラマを実写として人が演じるのも意味があることだと思うので、ドラマもぜひ見ていただきたいです。

◆アニメで花火の声を務めている安済知佳さんとはお話されたんですか?

はい、対談とかもやらせてもらいました。安西さんは制服を着た私の花火を見て“わあ!花火だ!”っておっしゃってくれて、すごくうれしかったですね。あと、私が花火のことを“危なっかしい子ですよね”と言ったら、“そうだよね!”って共感してくださって、そういったこともうれしかったです。

◆吉本さんは昨年12月で20歳になられましたが、今後の目標や挑戦したいことは何ですか?

お仕事ではアクションに挑戦したいと思っています。今までは心の葛藤をするほうというか、アクションがあっても守られる側だったりしたんです。でもこれからは戦う側になりたいなと。武器を使ったり拳で戦ったりする殺陣もやってみたいですし、きっとそういう経験が伝えられることの幅を広げてくれると思うんです。なので今年はアクションに積極的に挑戦したいですね。

◆最後に、ドラマ『クズの本懐』を楽しみにされている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

これから花火が深く重くなっていくので、私たちのお芝居も含め『クズの本懐』という作品を純粋に楽しんでいただけたらうれしいです!

 

■PROFILE

吉本実憂インタビュー●よしもと・みゆ…1996年12月28日生まれ。福岡県出身。AB型。2012年に第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し芸能界入り。ガールズユニット・次世代ユニット・X21のリーダーとして活動する中、2014年にドラマ『獣医さん、事件ですよ』で女優デビュー。2014年公開の映画「ゆめはるか」で初主演を務め、以後、ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などに出演。2017年9月には出演映画「紅い襷~富岡製糸場物語~」が公開予定。※現在全日本国民的美少女コンテスト応募受付中。詳しくは公式ホームページ(https://beamie.jp/contest2017.html)まで。


■放送情報

『クズの本懐』
フジテレビ 毎週(水)深1・55~2・25(※変更あり)

FOD(フジテレビオンデマンド)先行配信
毎週(金)後8・00に最新話追加

出演:吉本実憂、桜田通、水田航生、逢沢りな、池上紗理依、猪野広樹、志田志織、志保ほか
原作:横槍メンゴ「クズの本懐」(掲載 月刊「ビッグガンガン」スクウェア・エニックス刊)
脚本:萩原恵礼、髙橋幹子
音楽:河内結衣
プロデュース:岡本真由子
協力プロデュース:小林和紘(FCC)
演出:宮木正悟、品田俊介
制作著作:フジテレビ

 
●photo/中村圭吾 text/松田大介

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える