• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

内村光良インタビュー「秋田泉一の“諦めない心”を見て励みにしてもらえたら」映画「金メダル男」監督・脚本・主演

内村光良インタビュー「秋田泉一の“諦めない心”を見て励みにしてもらえたら」映画「金メダル男」監督・脚本・主演

内村光良さんが原作・脚本・監督・主演の4役を務めた映画「金メダル男」。1人の男の波瀾万丈な人生を、Hey! Say! JUMPの知念侑李と2人1役で挑み“全力すぎる”男の姿で日本中に感動と笑いをもたらしたコメディエンターテインメントだ。4月12日(水)のブルーレイ&DVD発売を記念して、内村監督に撮影裏話や、映画への思いを伺いました。

内村光良インタビュー

◆上映後の周りの反応はいかがでしたか?

“もっとはちゃめちゃな映画だと思ってた”って感想がわりと多かったですね。コメディとうたっていましたし、ポスターはキラキラでド派手だし(笑)。共感したという声も多くて、うれしかったです。

◆特に内村さんと同年代の男性に「共感した」という声が多かったように思います。

小ネタにしてもフレーズにしても、当時の流行語を入れたりしたんですけど、若い世代は何のこっちゃですよね(笑)。そこはもう、分かる人たちだけが笑ってくれればいいや!と割り切っていました。人生にとって、1つのことをやり遂げるほうが、豊かでありいい生き方なのかもしれないけど、主人公の秋田泉一は真逆。あっちこっちに手を出すけど“あらゆるジャンルの一等賞を目指す”という芯はブレてない。泉一の“諦めない心”を見て、励みにしてもらえたらと思っていました。

◆小ネタ満載でした!(笑)特にお気に入りのシーンはありますか?

いっぱいありますけどね~。知念が演じる高校生の泉一が、“表現部”として文化祭で披露する「坂本龍馬 その生と死」のシーンかな。あれからまた、泉一の人生が変わりましたから。

◆そういえば、舞台挨拶でも内村さん再現されていましたね(笑)。知念さんのほかにも、土屋太鳳さんや清野菜名さんも歌やダンスに挑戦していました。

太鳳ちゃんと知念の「鳥の求愛ダンス」ね(笑)。映像特典のメイキングで見られますが、みんな、撮影と別に練習日を設けてくれてありがたかったです。木村多江さんも、居酒屋で酔っ払って倒れるシーンを何回も何回も練習してくれましたよ。

◆木村多江さんは、今までとは真逆の印象を受けました!

そうですね。いつもの多江さんとは何とか違う面をという気持ちで撮っていましたから。漫才のシーンで着る衣装を多江さんが初めて見たとき、 “あたしこれを着るの…?”っていう表情が超面白かった(笑)。人前で漫才をするのはもちろん初めてで、本番前に舞台袖で緊張されていましたね。ツッコミの練習をマネージャー相手に何回もやってくれたみたいです。頑張ってもらいました。

「僕もHey!Say!JUMPの一員になった気分でした」

内村光良インタビュー

◆公開時には多くのイベントや舞台挨拶、取材を受けたと思います。当時を振り返り、出演者同士のやりとりや観客のリアクションで印象に残っていることはありますか?

まぁー、知念の人気がすごいこと。驚きました。僕も舞台挨拶などでHey!Say!JUMPの一員になった気分でしたね。そばにいると騒がれますから、なるべく彼に近寄って登壇していきました(笑)。

◆知念さんとは長い付き合いだと思いますが、あらためてどんな存在ですか?

お互い人見知りなところとか似ているところがあって、べったりするような関係ではないです。新年会とか、打ち上げで飲むくらいで。でも、『スクール革命!』(日本テレビ系)で、泊まりがけのロケがあるんですが、そのときばかりはお互いよく話をして、たくさん飲みますよ(笑)。距離感のいいお付き合いをしていますね。

◆そんな知念さんをはじめ、笑福亭鶴瓶さん、竹中直人さん、長澤まさみさん、大泉洋さんなど、内村さんとゆかりの深い豪華ゲストがたくさん出演されています。

舞台をやっているときから、「校長先生は竹中さん」「小学校の担任は大泉くん」みたいに浮かぶ方もいて。だから、お2人の出演が実現したのはうれしかったですね。今回出てくださった皆さんは、役者としても達者な方ばかり。こちらの意図を汲み取ってくださるのが早かったので、どのシーンもすんなり撮り終えることができました。たったワンシーンのためだけに静岡とか栃木とかに来てくださって本当にありがたかったです。

「1位であれ100位であれ、目指す過程に幸せがある」

内村光良インタビュー

◆内村さんは泉一のように“一等賞”を目指した学生時代を送っていたのですか?

僕も泉一と同じで、小・中学校までは成績も含め調子がよかったです(笑)。高校生ぐらいからだんだん落ちていきました。映画にも出てきますけど、しょせん井の中の蛙だったんでしょうね。中学校時代は部活に明け暮れてましたね。野球部で丸坊主でしたけど、女子に一番モテました(笑)。間違いなく僕のモテ期ですね。バレンタインデーにチョコが靴箱に置いてあるという経験、僕していますから!

◆(笑)まさに青春ですね! “一等賞”に憧れる理由って何なんでしょうか。

もちろん、一等賞って気分もいいし、金メダルなんて素晴らしいものですが、ただそこを目指す過程に幸せを感じるんじゃないかな。過程や努力が大事だから、結果、何等でもいいのかなって。2位であれ3位であれ100位であれ、努力したことはいつか自分のためになるから、マイナスなことではないなと。

◆まさに、泉一の生き様ですね。最後に、あらためて「金メダル男」に対する思いを教えてください。

“諦めない心”が一番じゃないかな。無駄なことなんて何もないっていう。それが後に生かされていくと信じて歩き続けることが大切なんだと思っています。この作品で、秋田泉一という男に励まされた人が1人でもいてくれればうれしいですね。

 

■PROFILE

内村光良●うちむら・てるよし…1964年7月22日 生まれ。熊本県出身。AB型。
1987年に南原清隆、出川哲朗、入江雅人らと共に「劇団SHA・LA・LA」を旗揚げ。映画監督作はこれまで2作あり、「ピーナッツ」(06年)では監督・脚本・主演、「ボクたちの交換日記」(13年)では監督・脚本を担当した。現在、地上波では『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)ほか多くのレギュラー番組を持つ。

 

■作品情報

「金メダル男」

<ストーリー>
東京オリンピックの開催に日本中が沸いていた1964年。長野県塩尻市に、ひとりの男の子が生まれた。彼の名は秋田泉一。
小学生の時に運動会の徒競走で一等賞に輝いた彼は、その幸福感にとりつかれてしまう。以降、絵画や書道、火起こし、大声コンテスト、鱒のつかみ取りに至るまで、ありとあらゆるジャンルで一等賞をゲット。いつしか「塩尻の金メダル男」と呼ばれるまでになっていた。ところが中学に入学すると、思わぬ落とし穴が…。一等賞からすっかり見放された泉一は、高校入学を機に巻き返しを図るが、それはめくるめく七転び八起き人生のはじまりに過ぎなかった……。どうなっちゃうんだ泉一!?がんばれ泉一!

<スタッフ&キャスト>
原作・脚本・監督:内村光良
主題歌・桑田佳祐「君への手紙」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
出演:内村光良、知念侑李(Hey! Say! JUMP)
木村多江/ムロツヨシ 土屋太鳳/平泉成 宮崎美子/笑福亭鶴瓶
大西利空 大泉洋 上白石萌歌 大友花恋 ささの友間 音尾琢真 清野菜名 竹中直人 田中直樹 長澤まさみ
加藤諒 柄本時生 山崎紘菜 森川葵 ユースケ・サンタマリア マキタスポーツ 手塚とおる 髙嶋政宏 温水洋一(登場順)

「金メダル男」「金メダル男」ブルーレイ&DVD
4月12日(水)リリース

ブルーレイ 3枚組 プレミアム・エディション(初回限定版)7800円+税
DVD 3枚組 プレミアム・エディション(初回限定版)6800円+税
ブルーレイ 通常版 4700円+税
DVD 通常版 3800円+税

公式サイト:http://kinmedao.com/dvd/

発売・販売元:NBCユニバーサル・テンターテイメント

 
●photo/中村圭吾 text/高木祐美 hair&make/大の木ひで styling/三島和也
©「金メダル男」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える