• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

オークラ監督インタビュー「ベースにあるのは、人を笑わせたいということ」ドラマ『漫画みたいにいかない。』

オークラ監督インタビュー「ベースにあるのは、人を笑わせたいということ」ドラマ『漫画みたいにいかない。』

 東京03、三代目J Soul Brothersの山下健二郎さん、山本舞香さんが出演し、Huluで配信されたシットコムドラマ『漫画みたいにいかない。』が、日本テレビで1月10日(水)より地上波放送スタート。売れない漫画家の悲哀に満ちた日常を描いたこの作品で初監督を務めたのが、元お笑い芸人で放送作家のオークラさん。バナナマンと数々タッグを組んできたことから“第3のバナナマン”とも呼ばれ、『ゴッドタン』などのバラエティから連ドラ『素敵な選TAXI』『住住』の脚本まで手掛ける奇才が、漫画みたいにいかなかった(!?)監督デビューを振り返る。

続きを読む