• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

引坂理絵&本名陽子インタビュー「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

引坂理絵&本名陽子インタビュー「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

人気アニメ「プリキュア」シリーズの15周年記念『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』が10月27日(土)より公開。それを記念したカウントダウン企画の第1回は、「HUGっと! プリキュア」の野乃はな役の引坂理絵さんと「ふたりはプリキュア」の美墨なぎさ役の本名陽子さんによる夢の対談が実現。お二人の「プリキュア」への思いや、共演した感想などたっぷり語っていただきました。

プリキュアは私にとってかけがえのない存在(本名)
初めて見たプリキュアは衝撃的でした!(引坂)

引坂理絵&本名陽子インタビュー◆劇場版最新作は1stシリーズ「ふたりはプリキュア」の美墨なぎさと、シリーズ最新作「HUGっと! プリキュア」の野乃はなが共に戦うという、ファンにとってはたまらない内容になっています。

引坂:劇場版のお話を聞いた時はうれしかったです。ただ、連絡を受けたのが「HUGっと!~」の収録が始まって間もないころでしたので重圧もすごくて(苦笑)。幸せを感じつつも、驚きや不安で感情がいろいろと大変なことになってました(笑)。

本名:私は今作で、プリキュアたち55人が勢ぞろいしたことに驚きと喜びでいっぱいでした。これだけ人数が多くなると、オールスターズでももうかなわないだろうと感じていたので…なので、なぎさの口癖“ありえな?い!”がそのまま口から飛び出しました(笑)。

◆また、今作はシリーズ15周年という記念作品でもあります。引坂さんが初めて「プリキュア」をご覧になったのは、どのシリーズになりますか?

引坂:最初の「ふたりはプリキュア」からです! もう中学生だったんですけど、よく見ていました。むしろ、自分と同年代の女の子たち主人公だったので、「この子たちが戦うんだ!?」って衝撃を受けました。

本名:しかも、素手でね(笑)。

引坂:そうなんです。「魔法で必殺技を出すとかじゃないんだ!?」って。でも、そこにリアルさを感じてましたね。

引坂理絵&本名陽子インタビュー◆本名さんは当時、シリーズがこれほど長く続くと予想されていましたか?

本名:そもそも“一年”としか決まっていなかったんです。主人公の2人のカラーが黒と白で、アクションものの女児アニメという初めてづくし。しかもオリジナル作品ということで、スタッフも共演者もみんな「とにかく全力で立ち向かおう!」という思いでした。あまりに必死すぎて、2年目が決まった時は喜ぶ余裕がないほどで。

引坂:スタート時はそんな感じだったのですね。ちょっと意外です。

本名:ただ、お一人だけ未来を予見したかのような言葉を残した方がいらして。ほのかのおばあちゃま役の野沢雅子さんだけはアニメが始まってすぐに、「10年続けましょう!」っておっしゃったんです。それがいまや15年ですからね。本当にすごいことだと思います。

◆「人気が出てきた」という実感や手応えは、やはり作品を作りながらも感じていったのでしょうか?

本名:見てくれる子供たちからの反応はすぐ実感できましたが、大人に浸透するまでには時間がかかりましたね。特にタイトルが。

引坂:そうだったんですか?

本名:よくプリキュ“ラ”などと言い間違えられました(笑)。でも、そのエピソードからキャラクターの口癖が生まれたこともあります。アニメに登場するポルンや光の園の長老は、いつも「プリキュラ」と言い間違えるのですが、なぎさが「“ア”だっつーの!」ってツッコむのがお決まりになっていて(笑)。

◆(笑)。引坂さんは現在放送中の「HUGっと!~」でプリキュアの歴史を受け継いでいらっしゃいますが、決まった時はどのような心境でしたか?

引坂:驚きしかなかったです。ただ、作品の大ファンだからこそ、あえて過去の作品を見直すのはやめようと自分の中で決めて挑むことにしました。

本名:それはどうして?

引坂:きっと影響を受けてしまうだろうなと思ったからです。今ではもうはなちゃんを演じる際にブレることもなくなってきたので、たくさん見直してますけど (笑)。ただ、逆に今度は、本名さんたちの演技に圧倒されてへこむことがあります(笑)。“本気で思いを届けるっていうのはこういうことなんだ”といつも勉強させられます。

本名:子供向けだからこそ、本気の先をいくような気持ちで作品と向き合っていました。いつも気持ちMAXで。それは今も変わりません。子供の感じ取る力はすごいので、がむしゃらだけど丁寧に表現するよう心がけています。

引坂:はい、それが今でもすごく伝わってきます!

「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」◆では最後に、お二人にとって「プリキュア」はどのような存在ですか?

引坂:月並みですが“宝物”ですね。一生に一度、出会えるかどうかという素晴らしい作品に参加することができて幸せでいっぱいです。それに、はなちゃんを演じながら多くの人にエールを送っていますが、私自身も彼女から応援をもらっているような気持ちになれて。そんな作品に出会えることってそうはないので、やっぱり私にとっては宝物ですね。

本名:言葉にし難いほど、かけがえのない存在です。テレビシリーズは2年間やらせていただきましたが、スタッフも演者も、みんな肩書きなんか忘れてしまうぐらいの距離感で創っていました。それって本当に希有なことなんです。15周年を迎えた今、あらためてそのすごさを感じます。幅広い世代の方に愛されるようになったプリキュアですが、見てくださる方々の心に少しでも希望と勇気を届けられたら…との思いを込めながら、これまでと変わらず、なぎさとともに全力で生き抜いていきたいと思います。

 

■PROFILE

引坂理絵
●ひきさか・りえ…9月11日生まれ。鹿児島県出身。声優。主な出演作に「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」(ブレッダ役)、「カードファイト!! ヴァンガード」(ういんがる役)など。

本名陽子
●ほんな・ようこ…1月7日生まれ。埼玉県出身。O型。声優、歌手として幅広く活躍。主な出演作に映画『耳をすませば』(月島雫役)、テレビアニメ「機動戦士ガンダム00」(スメラギ・李・ノリエ役)など。海外ドラマの吹き替えも多い。

 

■映画情報

「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」
10月27日(土)より全国公開

<STAFF&CAST>
監督:宮本浩史
原作:東堂いづみ
脚本:香村純子

声の出演:引坂理絵、本泉莉奈、小倉唯、田村奈央、田村ゆかり、多田このみ、野田順子、本名陽子、ゆかな
ゲスト声優:宮野真守、山本美月

<STORY>
“プリキュアの想い出”を狙う敵・ミデンの仕業でプリキュアオールスターズが小さくなってしまった。想い出を奪われるとこれまでの記憶を全部忘れてしまうという。そして残されたキュアエールとキュアブラックが力を合わせて立ち向かう!

©2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会
 
●text/倉田モトキ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える