• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山本美月インタビュー「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

山本美月インタビュー「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

人気アニメ「プリキュア」シリーズの15周年記念『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』が10月27日(土)より公開。それを記念したカウントダウン企画の第2回は、宣伝隊長&ゲスト声優を務める山本美月さんが登場。アニメ好きで、プリキュアも大ファンの山本さんに、その思い入れをたっぷり語っていただきました。


「プリキュア」に対して私はすごく愛があるということだけは伝えたいです

山本美月インタビュー◆「プリキュア」シリーズには、いつごろからハマっていたんですか?

(前々番組の)「おじゃ魔女ドレミ」、(前番組の)「明日のナージャ」からの延長で、中学のころから「ふたりはプリキュア」を見始めて。その後、ちょっと離れてしまったんですけど、「Yes!プリキュア5」でまた戻ってきて、「Yes!プリキュア5GoGo!」「フレッシュプリキュア」と続けて見ていました。

◆劇中のプリキュアたちもちょうど中学生ですよね。同世代として自分を重ねる部分もあったんですか?

私なんかより、プリキュアの女の子たちは全然イケてましたね。私は地元が福岡なんですが、プリキュアの女の子たちは都会っぽいなと。ラクロスとかやるんだ! と思って(笑)。ちょっとギャル感もあるじゃないですか。だから、全然重ならなかったです。

◆憧れの対象だったんですね。

そうですね。魔法少女への変身モノも好きで、そういう要素にもひかれました。ただ、プリキュアは武闘派だったのでびっくりしましたね。みんな体を張って戦っていて。ピンクでキラキラな世界観じゃないんだ! と思ったのを覚えています(笑)。

◆それほど大好きな作品からオファーを受けたとき、どう思いましたか?

すごくうれしかったです! 台本を読ませていただいて、歴代のプリキュアたちがみんな赤ちゃんになっちゃうのがすごくかわいいなと思いました。

「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」◆シリーズ15作分のキャラクターが一堂に会しているのは、15周年の“お祭り感”があっていいですよね。

私自身、15作のうち、見ている作品よりも見ていない作品のほうが多いんです。でも今回この映画を通して、いろんなプリキュアに触れることができて、もっと見てみたくなりました。だから、プリキュアをまだ知らない、もしくは私のように見ていない作品があるという方たちも、劇中では歴代全プリキュアたちの決めぜりふや戦いのシーンがあるので、それをきっかけに「かわいいな、この作品を見てみようかな」と興味を持ってもらえると思います。

◆そうやって作品をさかのぼれる楽しさもありますね。

私はひとまずこれから「魔法つかいプリキュア!」と「キラキラ☆プリキュアアラモード」を見るつもりです。大変ですよ。これを見るまでは絶対に生きなきゃ!と思っています(笑)。

◆声優は、映画『劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』(2013年)、「ポケモン」シリーズの映画『ピカチュウとポケモンおんがくたい』(2015年)に続いて3度目ですよね。今回は自身にそっくりなリポーターを演じていらっしゃいますが、いかがでしたか?

『HUNTER×HUNTER』で演じた煉獄は技名を言ったらすぐに死んじゃったし、「ポケモン」ではナレーションだったんです。だから、今回は人として、一番しゃべって動いているキャラクターで新鮮でした(笑)。役作りに関しては、特にしていません。それをやるには、私はまだ声優というお仕事のやり方を知らなさすぎるので。だから、現場で監督にどう演出されるかで考えて、学びながらやっていこうと思って。監督からは「子供にしゃべりかけるように」とか「もっと声はこういうふうに」とか、いろんなアドバイスをいただきました。

「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」◆特に難しかった部分はありますか?

食レポをして「まろやか~」って言うセリフがあるんですけど、実生活ではあまり言わないじゃないですか。アニメならではの独特な表現で難しかったですけど、大げさに演じてみました。

◆声優としてアフレコブースに立つのはどんなお気持ちですか?

「HUNTER×HUNTER」、「ポケモン」、そして今回の「プリキュア」と、作品の時期がすごく空いているのもあって、全く慣れないです。今回アフレコは1人ぼっちで、すごく静かだったんです。スタッフさんの声もマイクを通してしか聞こえなくて。だから、マイクが入っていないところであまりよくないことを言われているんじゃないかと思って(笑)。あの空間に立つと、どうしてもネガティブになっちゃうんですよね。怖いです…。

◆主人公の野乃はな役の引坂理絵さんをはじめ、メーンキャストの方々とは共演の機会もなく?

そうですね。でも、引坂さんたちにお会いしたら絶対緊張しちゃうから、逆によかったかもしれません(笑)。

◆完成した自分のシーンは、もうご覧になりましたか?

まだ見ていないです。この先、皆さんがご覧になって評価されるのかと思うと怖すぎて…。本当は深夜とかにこっそりやりたいんです。“あ、やってたんだ”くらいの感じで(笑)。

◆かなり不安な様子ですね。

やっぱり私もアニメが好きなので、皆さんが不満に思う気持ちも分かるんですよ。だから、失礼だけはないようにと思って頑張りました。ただ1つ、「プリキュア」に対して私はすごく愛があるということだけは皆さんに伝えたいです。

◆もともと声優に対して、憧れはありましたか?

憧れというより「神」ですね。踏み込んではいけない、神聖な領域。だから、「HUNTER×HUNTER」や「ポケモン」のときも音響監督さんから「もっと声優やってみたら?」と言っていただいたんですけど、「私なんて無理です…」と。でも、年を重ねるに連れてやりたい思いが増してきて。まだ自信は持てないんですけど、アニメや声優がすごく好きだという気持ちは負けないと思います。

◆好きな声優さんはいらっしゃいますか?

女性声優さんが好きで、特に沢城みゆきさんは男の子っぽい役から不二子ちゃんのような色っぽい役まで幅広くて、全部が私のツボなんです。例えば女性らしい役はあまり好みじゃないけど、ボーイッシュな役は好みだなって思う声優さんもいますし…あぁでも、堀江由衣さんのようなかわいい声も大好きです。

◆女優と声優は、やっぱり全然違いますか?

違い過ぎますね。お芝居だったら極端な話、セリフの言い方だけでなく表情や動きで伝わる。でも、声優さんは声だけなので、セリフを明確に伝えないといけない。抑揚もつけないといけないから、難しいですよね。今回はゲスト出演でしたけど、もしいつの日かレギュラーで参加できる作品があったら、声優とは何たるかというものをもっとビシバシ教えていただきたいです。

◆もしそのレギュラーがプリキュア役だったら、どんなキャラクターを演じてみたいですか?

本当にやりたいのは主人公のキャピキャピ系なんですけど(笑)、私の声質はそっち系じゃなくて、たぶん男の子っぽいほうが合うと思うんです。だから、そっち寄りのキャラクターに挑戦してみたいです。

山本美月インタビュー◆今回の映画は「想い出」がテーマとなっています。山本さんにとって、今の自分の支えになっている思い出は何ですか?

福岡時代の中高の友達とは今も関係が絶賛継続中で、想い出がどんどん更新されています。仲のいい友達ほど、意外と悩み事って言わなくないですか? 苦しいことって、そんなに仲よくない人ほど言いやすかったりして。だから、その友達とは楽しいところだけ一緒にいる感じ。あまり深く聞かれないのでその雰囲気が居心地いいんですよね。大人になっても一緒に女子会をしたり、クリスマスパーティーをしたり、そういう何気ない日常が大切な思い出です。

◆ちなみに、野乃はなは「元気のプリキュア」ですが、山本さんの元気の源を教えてください。

もちろんアニメです!「プリキュア」以外だと、最近は「シュタインズ・ゲート・ゼロ」にハマっていました。たまにゾッとするあのダークな世界観が好きなんですよね。それに主人公の声が、今作でミデンを演じていらっしゃる宮野(真守)さんですからね!

 

■PROFILE

●やまもと・みづき…1991年7月18日生まれ。福岡県出身。O型。近年の主な出演作に、フジテレビ系『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』、映画「去年の冬、きみと別れ」「友罪」など。2019年には、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』、映画「ザ・ファブル」が控えている。

 

■PROFILE

「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」「映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」
10月27日(土)より全国公開

<STAFF&CAST>
原作:東堂いづみ
脚本:香村純子
監督:宮本浩史

声の出演:引坂理絵、本泉莉奈、小倉唯、田村奈央、田村ゆかり、本名陽子、ゆかな
ゲスト声優:宮野真守、山本美月ほか

<STORY>
“プリキュアの想い出”を狙う敵・ミデンの仕業でプリキュアオールスターズが小さくなってしまった。想い出を奪われるとこれまでの記憶を全部忘れてしまうという。そして残されたキュアエールとキュアブラックが力を合わせて立ち向かう!

©2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会
 
●photo/中村圭吾 text/甲斐武

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える