• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

笠松将インタビュー「人として成長できた時に俳優としてのステージを一段上がっていける」映画「デイアンドナイト」

笠松将インタビュー「人として成長できた時に俳優としてのステージを一段上がっていける」映画「デイアンドナイト」

山田孝之さんが初めて全面プロデュースを手掛けた映画「デイアンドナイト」に出演する笠松将さん。本作への熱い思いをたっぷり語ってもらいました。


人として成長できた時に俳優としてのステージを一段上がっていける

◆父親の命を奪われ復讐に駆られていく明石(阿部進之介)、家族同然の孤児たちのために罪を犯す北村(安藤政信)、家族の愛情を知らない孤独な少女・奈々(清原果耶)。それぞれの生きざまから、“善悪の根源”を問いかける映画「デイアンドナイト」。山田さん、阿部さんといった豪華な顔触れが制作陣として名を連ねる今作に出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

笠松将インタビュー
演者やスタッフ含め、みんなが“作りたい”という情熱を持って作り上げていく作品に携われることがうれしかったです。ただそれもすぐ緊張に変わって、プレッシャーを感じました。この作品は、主演の阿部さんが企画して、僕の好きな藤井(道人)さんが監督を務め、プロデューサーに山田さんがいる。山田さんに関しては、僕たちの世代はドンピシャで作品を見ていた俳優さんですから。そんな方と演技をするんじゃなくて、ただじっくり自分の芝居を見られている。企画書を読んだ時からすごくテンションが上がって、気合が入りました。

◆実際、現場に入られてからはいかがでしたか?

クランクインするまでは、自分がよく見えるためにはどうしたらいいのかということばかり考えていました。だから撮影に入った瞬間に感じた武者震いにも似た、いつもとは違う感覚で挑んでいるという気持ちに酔っていました。でも、現場で藤井監督や阿部さんの役との向き合い方を見てから“これは違う”と思い直したんです。

笠松将インタビュー
◆共演者の方やプロデューサー、監督とお芝居について相談することはありましたか?

段取りをした後にセリフが飛んでしまったことがあったんです。カッコつけて普段と違うことをやっているから、想定していないことが起こると自分が用意してきたものが追いつかなくなっていたというか。その時、藤井監督と阿部さんがニコニコしながら「将君大丈夫?」「緊張しすぎだよ」と声をかけてくださって、“今この瞬間、この人たちといよう”と思うことができました。それからは片意地張らずいろいろ自分から提案することができるようになりました。山田さんからはお芝居に対するアドバイスみたいなものはなく、全然関係ない話をさせてもらいました(笑)。

◆笠松さんが演じるのは、明石の事情を知り、彼を自らの仕事に招き入れる北村率いる犯罪集団の一員・青柳。特に阿部さんとの共演シーンが多いですよね。

そうですね。僕が出ているところは、ほとんど阿部さんと一緒のシーンです。阿部さんは朝早くから夜も遅くまで撮影しているのに、積極的に話す機会や場所を作ってくださいました。「この作品がこんなふうにみんなに届けばいいね」とか「僕らは自分たちのできることを一生懸命やろう」といった話をしてくれることもありました。劇中では青柳が明石に懐いている関係性でしたが、実際はただ僕が阿部さんをもっと知りたい、もっと一緒にいたい、という思いだったんです。撮影中も、こんなことをしたらどういう反応を返してもらえるのかなと思っていろいろやってみたりすると、阿部さんは全部に返してくださるので、カメラが回っていてもいなくても、ずっとその延長線でいられたんだと思います。

◆仕上がりを見た感想は?

この作品はテンポがよくて、目で見て気持ちいい。ただそれが脳まで届いた時に、幸せな物語ではない分、見た感想は気持ちよくはないかもしれないです。でもそのバランスがいいのかなって思います。

笠松将インタビュー
◆最後に、今一番気になっている役者さんを教えてください。

たくさんいらっしゃるんですけど、この作品でご一緒してからとても好きになって、もっと知りたいと思ったのは田中哲司さんと山中崇さん。同じシーンはなかったんですが、田中さんのお芝居を見た時に、内面的アプローチはもちろん、さまざまな要素を組み込んで、同時にやるハイブリッド型の役者さんなんだなと感じました。あとお2人ともお芝居もそうですが人柄が素晴らしいんです。僕にとって“一緒にいたい人”は、人として好きになれる人。気を遣えて人間としてカッコいい人。そういう“人間力”に魅力を感じますね。だから僕自身も、人として成長できた時に俳優としてのステージを一段上がっていけるんだろうなって思います。

 

■PROFILE

笠松将インタビュー
笠松 将
●かさまつ・しょう…1992年11月4日生まれ。愛知県出身。B型。近作にドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』、映画「響 -HIBIKI-」など。映画「ラ」が4月5日(金)公開。https://youtu.be/FyNrfIIsgeE

 

■作品情報

映画「デイアンドナイト」
映画「デイアンドナイト」
1月26日(土)全国公開

<STORY>
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部)。明石の父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族も崩壊寸前だった。そんな明石に児童養護施設のオーナー・北村(安藤)が手を差し伸べるが…。

<STAFF&CAST>
企画・原案:阿部進之介
脚本:藤井道人、小寺和久、山田孝之
監督:藤井道人
プロデューサー:山田孝之、伊藤主税、岩崎雅公
出演:阿部進之介、安藤政信、清原果耶、田中哲司ほか

©2019「デイアンドナイト」製作委員会
 
●photo/徳永 徹 text/山下紗貴

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える