• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小林涼子インタビュー「水谷豊さんの思いが詰まっている作品」映画「轢き逃げ-最高の最悪な日-」

小林涼子インタビュー「水谷豊さんの思いが詰まっている作品」映画「轢き逃げ-最高の最悪な日-」

水谷豊が監督・脚本を務める映画「轢き逃げ-最高の最悪な日-」が5月10日(金)全国ロードショー。主人公の秀一(中山麻聖)の婚約者役で出演する小林涼子さんに、本作の魅力や撮影の裏話を伺いました。


人はいかに多面的であるかが描かれているところも作品の魅力です

小林涼子インタビュー

◆轢き逃げ事件をモチーフに、加害者と被害者家族、真相を追う刑事たちの群像劇「轢き逃げ-最高の最悪な日-」。本作への出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

もう本当にうそじゃないかと思いました。実は撮影中も撮影が終わっても今日もまだうそじゃないかという気がしています(笑)。ただこの作品に携わるまで水谷さんとはお会いしたことがなかったのですが、それでもこうやって呼んでいただけたことにすごく感謝しました。

◆小林さんが演じるのは、主人公の秀一の婚約者・早苗。役柄についてはどう捉えていましたか?

水谷さんからは「早苗ちゃんは帰国子女のような女の子。若干浮世離れしているけど、すごく素っ頓狂なわけではなくてちゃんとした人間性とユーモアを兼ね備えている。それでいてチャーミングで魅力的な女性に映るといいよね」というお話をしていただいて。それを踏まえて、私はロケ地の神戸でお気に入りのカフェを見つけたり、きっと秀一さんとこんなデートをするだろうなと考えたりしながら街を散策して“彼女が過ごしてきた時間”を作るように心がけました。

◆役作りで苦労した部分はありますか?

劇中冒頭の“最高の瞬間”である秀一さんとの結婚を控えたシーンから、最低の瞬間まで転げ落ちるという点で、早苗の感情の振り幅は大きいです。なので、その“最高の瞬間”をいかに幸せに見せるかということは水谷さんにすごく相談にさせてもらいました。秀一さん、輝君との関係性を作る上では、中山さんはもともと高校の先輩ですし、石田法嗣さんとは夫婦役をやらせていただいたこともあったので、お2人をベースとして知っていたという面でもやりやすく、楽しかったことのほうが多いです。ただ早苗と秀一さんがレストランで食事をするシーンで、監督といかにこの瞬間が楽しく見えるかを表現するために、オペラを歌うことになった時は1番悩んだかもしれないですね。現場では私の不安なオペラが響き渡っていたのに、それも映像になるとオペラじゃなくて(笑)。

◆現場の雰囲気はいかがでしたか?

撮影シーンによってはピリッとした雰囲気の時もありましたが、基本的には和気あいあいとしていて本当に楽しかったです。みんなそれぞれ宿泊していた神戸の部屋にお土産を配布し合ったり、ファミレスでくつろいだりして純粋に神戸を楽しんでいました(笑)。監督から軍資金を頂いて、中山さんと石田さんと私で焼き肉を食べに行ったのも思い出ですね。

◆小林さんが感じたこの作品の魅力とは?

“轢き逃げ”という事件がきっかけではありますが、人物描写など“初めて見る”と感じることが多くて。それはたくさんの方を演じてきたからこそいろんな人の一面を知っている水谷さんの思いが詰まっているからだと思います。そして人はいかに多面的であるかが描かれているところも作品の魅力ですね。また、余裕のない毎日の中で、誰かをうらやましく感じたり、自分に自信が持てないと感じたりした時に見てもらえたら、どしっと構えてもう一回自分自身を見直せる作品になっているんじゃないかなと思います。

小林涼子インタビュー

◆現在放送中の『やすらぎの刻~道』ではしの(清野菜名)や公平(風間俊介)らが通う学校の先生・小夜子先生を演じる小林さん。出演作が続く中で、気分転換やリラックス方法を教えてください。

例えば、この後急に休みだって分かったらすぐ本屋さんに寄ってそのまま出かけます!伊勢志摩や香川、五島列島など行ける所まで(笑)。ゆっくりしていると、東京での2日間ってすぐ終わってしまいますよね、なので私は“盗塁”という名で逃走しています!行きたい所じゃなくて今日行ける所にすると、それが面白くて。1番最近やった“盗塁”は、仕事が終わって夜の8時すぎに韓国に行きました。で、次の日の早朝便に乗って帰ってきました(笑)。あと、年に1回の田植えが1番のリフレッシュになっています。泥まみれになりながら必死に“食べる”ために作業をして、生きる根源だなと感じるからかな。ちなみに『やすらぎの刻~道』のオーディションにも田植えで着ているもんぺ姿で参加しましたし、脚本の倉本(聰)さんからは「それが小林さんの根底にある原風景だから大事にしたほうがいい」と言ってもらえて、この経験がまたお仕事に生きているんです。

◆今後演じてみたい役や挑戦したいジャンルの作品はありますか?

誰も死なない、誰も泣かない平和な作品がいいです。私も両親もサスペンス好きで家でもよく見ているから、出演させていただく作品もサスペンスものに寄っていっちゃっているのかもしれないですが(笑)。ただそろそろ不幸が続いたので、ちょっとハッピーなのものに参加したくなってきています。

 

■PROFILE

●こばやし・りょうこ…1989年11月8日生まれ。東京都出身。O型。『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)に出演中。

 

■映画情報

「轢き逃げ-最高の最悪な日-」「轢き逃げ-最高の最悪な日-」
5月10日(金)より全国公開

<STAFF&CAST>
監督・脚本:水谷豊
撮影監督:会田正裕
出演:中山麻聖、石田法嗣、小林涼子、毎熊克哉、水谷豊、壇ふみ、岸部一徳ほか

<STORY>
大手ゼネコンに勤める秀一(中山)は、学生時代からの親友で同僚の輝(石田)を車に乗せ、婚約者の早苗(小林)の元へ向かっていた。不慣れな抜け道を加速していく秀一の車は、路地裏にある角を曲がった時、若い女性をはねてしまう。

©2019映画「轢き逃げ」製作委員会
 

●photo/関根和弘 text/山下紗貴 hair&make/村上知久 styling/AYCM