• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

【インタビュー】ニューシングル「Believe×Believe(ビリビリ)」リリース 超特急インタビュー

【インタビュー】ニューシングル「Believe×Believe(ビリビリ)」リリース 超特急インタビュー

6月11日(水)にニューシングル「Believe×Believe(ビリビリ)」をリリースする超特急にインタビュー。新曲のことはもちろん、現在開催中のフリーライブツアーや、8月1日(金)からスタートするZeppツアーについての意気込みを聞きました。

――「Believe×Believe」はどんな曲ですか?

リョウガ どんな困難にぶち当たったとしても、勇気を出してその壁をぶち壊して前に突き進んでいこうという、熱い気持ちのこもった情熱的な曲となっています。

 

――「Believe×Believe」を初めて聞いたときの感想を聞かせてください。

コーイチ ヒーロー物というか、アニメっぽいと思ったんですけど、今までの超特急とはまた違った明るい曲で、これから超特急らしい曲にしていきたいです。

カイ 今までの超特急にはなかった曲調で、素直にかっこいい曲だなと思いました。振り付けが入るとかっこいい曲から面白い曲にイメージが変わりましたね

ユースケ 今までの超特急の曲の中で一番好きな曲です。歌詞が前向きになれて、勇気付けられて、すごく好きです。

タカシ ストレートな曲だと思いました。“魂のペンデュラム”や“最強のカード”とか、何でこんな歌詞が入ってるんやろな?と思っていたんですが『遊☆戯☆王ARC-V』のOP曲に決まったと聞いて、つじつまが合いました。

 

――MV撮影時に印象に残ったエピソードはありますか?

カイ 縄で縛られるシーンがあるんですが、思ったよりもギュウギュウに縛られて、それを1時間ぐらいつけっ放しだったのが痛くて辛かったです。ちなみに、縛ったのはスタッフさんとタクヤです(笑)

タクヤ 僕とユースケの撮影が遅い時間からスタートだったので、空いている時間ずっと「遊☆戯☆王カード」でデュエルしてました。

 

――MVで特に注目してほしいところは?

ユースケ はい!僕は、タカシのAメロにあるファイティングポーズ!最強にかわいくてですね~。見た人は絶対やられちゃう!

タクヤ 僕は、そんなユースケの「ヒリヒリ~」のカメラ目線です。何でそこで決め顔入れたの?っていう(笑)

ユースケ なぜかカメラ見ちゃいました(笑)

ユーキ 最後、架空のCGモンスターを倒すときのみんなのリアクションですね。撮影時は、モンスターが出てきた体でみんなお芝居しているので、それがすごく面白かったです。

タクヤ 実はモンスターが出てきた時、リョウガだけ倒れていないんですよ。今回リョウガがセンターなので、きっと彼の中にいろいろな設定があるんだなと僕は思いました

リョウガ 実はそこ意識してました(笑)。僕は、みんなで宝箱を見つけるシーンで、後ろからピョコってタクヤが出てくるところ。ほんとに一瞬なので見逃さないでほしいです。

カイ 僕は2つあって、1つはタクヤがみんなの動きを止める「えいっ」(両手を前に出す)てところ!かわいい!あと、ユースケがやられた後の、「先に逝くぞ…」ってやつがシリアス面白いです(笑)

タカシ 僕は、最後のリョウガの間の取り方ですね。これは、ライブで毎回違うパターンを見せてくれるんじゃないかと期待しています。

リョウガ ハードルあげないで!

コーイチ 僕は、最初のリョウガとユーキが戦うところが好きですね。リョウガが「ヌオオオオ!」って叫ぶところが特に。

 

――今回の衣装で気に入っている部分はありますか?

一同 (下を向いて考え込む)

カイ みんな黙っちゃったよ!(笑)。僕は、普段私服でも丈の長いTシャツを着ることが多いので、今回の衣装の丈が長くてうれしいですね(笑)

タクヤ 僕は…特に特徴が無いところが好きかなぁ~…。

カイ いやいや!一人だけ膝になんか入ってるじゃん!膝パッド!

タクヤ ホントだ!ここだ!やっぱさっきのなしにして、唯一膝に何か入っているところが好きです(笑)

ユーキ 僕は一人だけ胸元が開いているところですかね!

一同 セクシー!

リョウガ 僕は、今まで使ったことがない白が入っているところがうれしいです。あと、マント!踊ったときにピラピラするのが躍動感あって、光が当たってキレイに見えればいいなと思います。

――今回初めてアニメのOP曲を担当しますが、最初に聞いたときはどう思いましたか?

カイ 小さい頃から、約15年間見続けてきたアニメのOPを担当できて、本当に感慨深いです。超特急に入って初めて泣いたかもしんない(笑)。ユーキも泣いてました。

ユーキ 小さい時、神社の土の上とか公園の土の上とか、ありとあらゆる地面でデュエルしていた思い出がフラッシュバックして…泣いちゃいました。

タクヤ 地面があればどこでもデュエルやってたんだね(笑)

 

――フリーライブツアーでさまざまな都市を巡って、印象に残った場所などはありますか?

ユースケ 僕は兵庫。初めて楕円形(だえんけい)ステージでやらせていただいて、前にも後ろにもお客さんがいて新鮮でした。

タクヤ 北海道でコーイチが体験したんですけど、ラーメン屋さんに替え玉がなかったんですよ。

コーイチ そうなんです。替え玉の発祥が福岡らしくて、北海道にはまだないみたいで。びっくりしました。

タクヤ あと、大阪で串カツの二度付けがダメとか。何でダメなのかいまだに分かんない。

タカシ(大阪出身) 不潔やん!あのタレを使いまわすから、食べたやつをもう1回つけるのはご法度!

ユースケ 大阪人は語る(笑)

タクヤ すいません…。

ユーキ だったらタレ個別に持ってきてほしくない?

一同 !!!

タカシ いや!その決まりがあってこその串揚げやん!(笑)

 

――最後に、Zeppツアーへの意気込みを聞かせてください。

タクヤ 今、いろいろと案が出てきていて、もう今すぐ言っちゃいたいくらい楽しみです。考えるだけでニヤニヤしちゃう。8号車さんは本当に楽しみにしといてほしい。

タカシ “ビリビリ”なだけに、Zeppの会場がオーバーヒートしちゃうくらい盛り上げたいと思います!

ユースケ Zeppで新しいことにチャレンジします!8号車さんと一緒にZeppというモンスターを倒しに行きます!

カイ 夏にふさわしい演出や、Zeppでしかできないような事をやりたいと思っています。声出す準備して、汗かいてもいい服着て来てください。

コーイチ 新しい超特急を見せられたらと思います。

リョウガ 今までとは規模が違うステージで、今までとは違う超特急を見せて、最高の夏にしたいと思います。まとめていうと、“お楽しみはこれからだ!”

一同 おお!

ユーキ 8号車の皆さんを良い意味で“ビリビリ”と裏切っていきたいなと思います。だから、やっぱり、一番言いたいことは………“お楽しみはこれからだ!”

リョウガ おい!(笑)
 

PROFILE


超特急
史上初のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。
ももいろクローバーZの遺伝子を継承している、スターダストプロモーション所属の“恵比寿学園男子部”通称「EBiDAN」から選抜されたユニット。1~7号車のメンバーに続く“8号車”はファンのこと。

ダンサー

カイ
2号車/神秘担当。イメージカラーは青。
1994年9月27日生まれ。神奈川県出身。

リョウガ
3号車/ガリガリ担当。イメージカラーは紫。
1994年10月23日生まれ。神奈川県出身。

タクヤ
4号車/筋肉担当。イメージカラーは緑。
1994年11月24日生まれ。東京都出身。

ユーキ
5号車/ドジっ子担当。イメージカラーは赤。
1995年1月2日生まれ。徳島県出身。

ユースケ
6号車/元気担当。イメージカラーは黄。
1995年12月24日生まれ。神奈川県出身。

バックヴォーカル

コーイチ
1号車/お父さん担当。イメージカラーは黒。
1994年6月18日生まれ。奈良県出身。

タカシ
7号車/末っ子担当。イメージカラーは純白。
1996年9月23日生まれ。大阪府出身。

超特急公式HP http://bullettrain.jp

ニューシングル情報

超特急 7thシングル
「Believe×Believe(ビリビリ)」
6/11(水)リリース
テレビ東京系で放送中のアニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のオープニングテーマ曲

★A.ビリビリ盤
¥1000+税

【CD収録内容】
M-1:Believe×Believe
M-2:We Can Do It!


★B.冒険盤
¥1000+税

【CD収録内容】
M-1:Believe×Believe
M-2:Pretty Girl


ツアー情報

超特急 New Single「Believe×Believe」リリース記念 8大都市フリーライブツアー 舞い降りた孤高の戦士達 ~ビリっと痺れちゃいまSHOW~

日程:6月14日(土)
時間:12:00~
会場:東京・東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
イベント内容:ミニライブ&特典会
★観覧フリー!!

超特急“BULLET TRAIN ONEMAN SHOW2014”真夏の全国ZEPP TOUR~孤高の戦士達が力を解き放つ時‘感電注意報発令!’~

8月1日(金) Zepp Tokyo
8月3日(日) Zepp Sapporo
8月9日(土) Zepp Fukuoka
8月14日(木) Zepp Nagoya
8月15日(金) Zepp Namba

★追加公演
8月29日(金) Zepp Tokyo

 

●取材/米田果織

 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える