• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「舞台の魅力を知っていただけたら」荒木宏文×遠藤雄弥インタビュー

「舞台の魅力を知っていただけたら」荒木宏文×遠藤雄弥インタビュー

 ワタナベエンターテインメントの俳優集団D-BOYSの舞台“Dステ”を劇場で上映する『Dステ映画祭2015』が渋谷・シネクイントで上映中。Dステ第1作の「完売御礼」から多数のDステの舞台に出演してきたD-BOYSの荒木宏文さんと、初代リーダー・遠藤雄弥さんにお話を伺いました。

Dステ映画祭は僕らにとってもサプライズ(荒木)

――「Dステ映画祭」が渋谷・シネクイントで開催中です。この企画を聞いたときにどう思われましたか?

遠藤:映画館で「Dステ」を流してもらえるっていうことにまずビックリして、しかも渋谷パルコのシネクイントさんで流してくれるっていうので「エーッ!」って驚きました。感動しましたね。

荒木:ビックリしたよね。「舞台あいさつ行きます!」って言われて、「何のこと???」って。けっこうサプライズだったんですよ、僕らにとっても(笑)。

遠藤:でも、本当に素直にうれしいよね。以前『D×TOWN』(*1)っていう試みがあって、映画監督とワタナベエンターテインメントの俳優たちがコラボして、それを神戸の映画館で上映流していただいたことはあったんですけど、「Dステ」は初めてなので。僕らが昔からずっと携わってきたので、その愛着ある作品が上映されることは特にうれしいです。

――これまで多くの作品に出演されてきたお2人ですが、特に思い出深い作品というのはありますか?

荒木:「ラストゲーム」ですね。役者としての衝撃も大きかったです。この作品をやる前に、1年間、役柄を追求できる作品(*2)に出て、そこでいろんな人に知っていただけたにも関わらず、そのキャラクターとは全く違うものを演じることになって。役を切り捨てるというか、切り替えるというか。作り上げた役柄に媚びることなく、次の作品と向き合わなければならないってなったときに、1年っていう長い時間で築き上げた役に対して愛着もありましたし、離れることに抵抗がありました。それまでのイメージとこんなにも変えるの?っていうくらいガラッと変えて、新しくしていかなきゃいけないんだっていうことを、この作品で教えてもらいましたね。

――「Dステ映画祭」では、瀬戸康史さん主演の再演バージョンが上映されます。

荒木:再演されたことで自分がこの作品を客観的に見ることができたっていうのも面白かったですね。初演で僕が演じた役を再演で演じた瀬戸に、どういう気持ちだったかを聞けたのも大きかったですね。
今回の「Dステ映画祭」で「ラストゲーム」再演を上映しますとなったときに、「今だから言えますけど…」って、瀬戸が「ラストゲーム」をやるときにつらかった、大変だった、一度僕が演じた役なので、正直やりたくないとも思ったっていう心境とか、葛藤があったというのを明かしてくれたんです。それを知ることができて、再演の重みみたいなものを感じました。もちろん作品では、瀬戸はそんな思いを全く見せず、すばらしい出来になっていましたけどね。
今度、何かの作品で自分が再演をするときに、そういうふうに思うかもしれないし、それを乗り越えてやらなきゃいけないということも知ることができました。

「淋しいマグネット」はDステ独特な感じがあった(遠藤)

――遠藤さんはいかがですか?

遠藤:僕は「淋しいマグネット」かな。いま再演の話があったけど、「~マグネット」はダブルキャストで、僕らのREDSともう一方のBLUESと2チームあって、自分と同じ役を演じる役者が自分の稽古を見てるっていう状況がね…。
この作品の演出の茅野(イサム)さんは、それこそ「ラストゲーム」の演出家でもあるし、1作目から携わってもらって、本当に僕らのことをレベルアップさせてくれた演出家なんです。僕は「~マグネット」で久々お会いしたんですよ、茅野さんと。

荒木:再会って感じだったよね。

遠藤:作品では29歳、19歳、9歳と3つの世代を演じたのですが、茅野さんが「29歳はおまえら(REDS)のほうがいいけど、9歳はBLUESのほうが全然いいな」とか言うわけです(笑)。そういうのが印象に残っています。

荒木:またしんどかったのが、ブルーとレッドだけじゃなくて、さらにキャストを組み替えたパープルチームとかまで出てきて(笑)。

遠藤:僕と荒木のタッグは常に変わらなかったけど、キャストの組み合わせがかなり複雑な感じになって、僕らとしてはDステ独特な感じがあったよね。

荒木:独特だよね、あれは。

遠藤:そのダブルキャストで切磋琢磨し合うというのが刺激的でした。

――お2人にとって「Dステ」とはどういう場所ですか?

荒木:「Dステ」でも他の舞台でも、役者として作品に出る限り全うしなければいけないと思っています。敢えて「Dステ」とほかの場所との違いということで言うと、共演者のことをよく知っているので最初から皆でコミュニケーションを取って作品に向かえるということと、「Dステ」だからこそ、D-BOYSがやりたいと思った作品を作ることができるということはあると思います。たぶん、外の制作会社に「これやりたいんですけど」っていうのはなかなか難しい。でも、「Dステ」でやろうと思えば、それが可能になる。

――普段、そういう話をメンバーとされることはありますか?

荒木:「Dステ」の在り方について、D-BOYSのメンバーで話すことはあります。こういう作品をやりたいとか。それを形にできるように意見を交換しているので、D-BOYSがプロデュースするものになっていければいいなと思っています。制作の部分での知識もつけて、ものを作る大変さを分かった上で役者ができたら、ひと味違った表現ができていくんじゃないかなって思うんです。そういう意味で、D-BOYSの成長の場として今後にもつながっていくんじゃないかな。
初期の様にただ経験値のない若手俳優たちが経験を積む場というのではなくて、経験を積んだ一役者たちが、もう一段階上の表現者としてのもの作りをする上で成長できる場として、これからもやっていきたいですね。

今のほうが「Dステ」のことが気になる(遠藤)

――初代リーダーとしてD-BOYSとDステを引っ張ってきて、2012年に卒業された遠藤さんとしてはいかがですか?

遠藤:僕がD-BOYSを卒業して気付いたことは、“中学校感”というか、年はそれぞれ違いますけど、同じくらいの世代の男たちが集まって、熱く1つの作品に向かっていくっていうのは、青春時代みたいなこととリンクしているイメージですね。
中学時代とかを思い返すと、もっと真面目に授業を受ければよかったとか、そういうことってあるじゃないですか。それに近くて。
これまでやってきた作品を思い返した時に、そのときの自分の状況も思い出すわけです。そのときの生活とか。あのときこうだったな、とか思い出して、もっとやれたんじゃないかとか思い返すところがあります。
卒業してから 「駆けぬける風のように」という「Dステ」作品に出演したのですが、それまでと比べると、ちょっと変な言い方ですけど、足枷みたいなものが取れてフラットにすごく楽しんでやれたんですよね。
正直、当時より今のほうが「Dステ」のことが気になるみたいなところもある。なんかずっと留年していたいみたいな(笑)。

――(笑)。アンサンブルとして出演していた後輩たちが成長し、大きな役を得ていくというのも「Dステ」の面白さですよね。

遠藤:陳内将とかもね、「ラストゲーム」とか出てたよね。

荒木:初演のとき、アンサンブルでしたよ。

遠藤:それが「駆けぬける~」では沖田総司ですよ。

荒木:「検察側の証人」で傍聴席に座ってた1人だからね。

遠藤:そういうのが面白いよね。「ラストゲーム」のときにアンサンブルで出ていた子が、映画の主演をやっていたり、そういった成長が見られるから面白いですよ。

「Dステ映画祭」をきっかけに舞台の面白さを知ってほしい(荒木)

――それでは最後に「Dステ映画祭」を見に行ってみようと思っている方たちにメッセージをお願いします。

荒木:舞台って、敷居が高いものだなって感じている人も多いと思うんです。事前にチケットを取らなければいけないし、値段も安いものではないですし。そういうこともあるから、生で見ようというところまでいかないかもしれない。
でも、その面白さを知ってもらうために、こういう映画祭であったり、ライブビューイングであったり、映像というもっと見やすいかたちで興味を持ってもらうというのもすごく大切だと思います。この「Dステ映画祭」をきっかけに、舞台の魅力を知っていただけたらうれしいです。

遠藤:初めての方には「Dステって面白いじゃん」と、「Dステ」を観劇していただいたことがある方には、劇場の大スクリーンと大迫力の音響の中で、もう一度楽しんでいただけたらと思います。そして、「じゃあ今度は生の舞台を見に行ってみよう」って思っていただけたらうれしいです。
次回作の「夕陽伝」も、チーム一丸となってすばらしい作品を作り上げますので、ぜひ見に来ていただきたいです。

*1)『D×TOWN』…テレビ東京で2012年に放送された、D-BOYSと6人の映画監督がタッグを組んだドラマシリーズ。遠藤は第5弾の三島有紀子監督作『心の音(ここのね)』に主演。

*2)2007年放送のスーパー戦隊シリーズ『獣拳戦隊ゲキレンジャー』(テレビ朝日系)。荒木は悪の首領・理央役を演じ、存在感を示した。

 

PROFILE

荒木宏文●あらき・ひろふみ…1983年6月14日生まれ。兵庫県出身。
2004年、D-BOYSに加入。2007年、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』で悪の首領・理央役に起用される。2008年、「ラストゲーム」相本役で舞台初主演。その後、ドラマ「ヘブンズ・フラワー」、「シュガーレス」、舞台「ORANGE」、「ミュージカル「黒執事-地に燃えるリコリス‐」、「タンブリングFINAL」など。今年4月には「Next stage」でソロデビュー。新曲「STELLAR」 各音楽サイトにて配信中 。

公式ブログ(http://ameblo.jp/hirofumi-araki-we/

遠藤雄弥●えんどう・ゆうや…1987年3月20日生まれ。神奈川県出身。
2000年、映画「ジュブナイル」でデビュー。2004年、D-BOYSに参加。初代リーダーを務め、2012年9月に卒業。ドラマでは『VOICE~命なき者の声~』『白い春』『運命の人』、映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「永遠の0」「クローズEXPLODE」「ホットロード」など話題作に多数出演。

公式ブログ(http://ameblo.jp/yuyaendo-we/

 

Dステ映画祭概要

「Dステ映画祭2015」
期間:9月4日(金)まで開催中

上映作品:
8月29日(土)~9月4日(金)
10:30~ Dステ12th 「TRUMP」 TRUTH
13:30~ D-BOYS STAGE 10th 「淋しいマグネット」 Reds
16:20~ Dステ11th 「クールの誕生」

劇場:シネクイント
東京都渋谷区宇田川町14-5 渋谷パルコ パート3・8F
TEL 03-3477-5905
http://www.cinequinto.com

配給:ポニーキャニオン

当日 ¥2,000 均一
前売 ¥1,500

来場者特典:各作品ごとのDVDジャケット絵柄オリジナルミニクリアファイル

チケット購入方法:
シネクイント 及び下記プレイガイドにて発売
プレイガイド
【渋谷地区】 SHIBUYA TSUTAYA/ちけっとぽーと渋谷/大盛堂書店 プレイガイド
【ウェブ】メイジャー https://www.major-j.com/

(C)Watanabe Entertainment

TVLIFE Web【独占】「Dステ映画祭」荒木宏文&遠藤雄弥 動画メッセージ(http://www.tvlife.jp/2015/08/21/44279

TVLIFE Web【独占】「Dステ映画祭」高橋龍輝&荒井敦史&阿久津愼太郎&池岡亮介&近江陽一郎 動画メッセージ(http://www.tvlife.jp/2015/08/28/44902

上映プログラムなどの詳細はこちら
TVLIFE Web【特集】D-BOYSの舞台を映画館で上映「Dステ映画祭2015」プログラム(http://www.tvlife.jp/2015/08/01/42711

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真