• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

【インタビュー】「愛を語れば変態ですか」に主演 黒川芽以インタビュー

【インタビュー】「愛を語れば変態ですか」に主演 黒川芽以インタビュー

6歳で芸能界デビュー、演技派としてジャンルを問わず多くの作品で活躍している黒川芽以さん。今回、黒川さんは、演出家・福原充則の監督デビュー作「愛を語れば変態ですか」で主演を務めている。本作は、福原が作・演出を担当した舞台「キング・オブ・心中」を映画化したもので、前半の会話劇と後半から壮大に変化するストーリーが印象的なコメディ作品。黒川さんは、一見おとなしい主婦でありながら、あらゆる男を惑わす愛の救世主・あさこ役を好演している。

見た目よりも言葉の力を大切にしたかった

――主人公・あさこはどのような役柄ですか?

あさこは夫がいながら訳あって何股もかけているんですが、せりふにもインパクトがあるものが多いですし、かなりぶっ飛んでいます。男性が何股していた…とかはよくある話かもしれませんが、こういった女性の描き方って珍しいと思うんですよね。しかも、あさこぐらいの域までいって真っすぐ人を真剣に愛せたらカッコよく見えるし勇ましいと思います。作品自体はすごくコメディタッチでアクションっぽさもあり、でも最後は壮大な感じになっていくまさかの展開が面白くて、台本を読んでいて単純に「面白いなー! この作品やりたい!」って思いました。

――そんな“ぶっ飛んでいる”あさこのせりふ「愛を語れば変態ですか」が本作のタイトルになっています。

あさこの「このご時世、愛を語れば変態ですか」というせりふから取ったものなんですが、実は映画のタイトルはもともと違ったんですよ。映画の基となった舞台の「キング・オブ・心中」をそのままタイトルに使っていて、台本を頂いたときもそれだったんです。後日、福原監督の舞台でもらったチラシに「愛を語れば変態ですか」というタイトルの映画があって、「まさかここを切り取ったか!」って思いましたね(笑)。でも、すごく面白いしインパクトもあるのでいいと思いました! 

――あさこを演じる上で心がけたことはありますか?

実際に何股かかけられた人から見たら「あさこ嫌いだな」って思うかもしれないけど、最初にあさこを演じるときは、まず自分自身があさこを好きでいようと思ったんです。自分があさこを好きになれないと失敗しそうな気がしましたし、あさこの持論に自信がないと言っていても作った感じになってしまうので。でも、もともとあさこのような女性は好きなんですけどね。5股していること以外は(笑)。私はこの役を演じる上で、みんながついてきちゃうぐらいの魅力を持たせないといけないので、それには見た目や色気よりもなぜか説得されちゃう言葉の力を大切にしたくて。あさこが熱く語るシーンでは、どれだけ説得力を持たせてみんなを引っ張れるかを考えていました。劇中、あさこが目の前でけんかし始めた男性陣に向かって、5人それぞれと関係を持った時期を明かしてから「そういう思いでみんなと爆発したんだよ!」って言い放つシーンがあるんですけど、この「爆発」っていうワードが結構好きですね。福原さんのせりふの書き方がすごく面白くて、この作品では私のせりふに限らず面白いせりふが散りばめられているんです。

チャンカワイさんとは現場でガールズトークをしていました

――現場では、舞台出身の福原監督ならではの演出方法もあったのでしょうか?

怒声が飛ぶこともないですし、福原さんご自身は温厚な方でした。映画の前半は会話劇で構成されているんですけど、そういうときって間とかせりふ、リアクションが大事だと思うんです。長く会話だけで持たせると普通は途中で飽きちゃうと思うんですけど、この作品は全然飽きないんですよね。それが福原さんのせりふの力、演出の力だと思います。私は舞台の監督さんの映画デビュー作を今まで何回かやらせていただいたことがあるんですが、舞台の監督さんって、本番前に結構ちゃんとリハーサルをやるんですよね。ある程度作り込んで、いろいろみんなで話し合う時間をすごく大切にされていると思います。福原さんは、自分でせりふを「こういう感じ」って明確に言ってくださるからすごく分かりやすかったです。でも実際にやったらみんな爆笑しちゃったり(笑)。作品がコメディタッチなので、そういう場面もたくさんありました。こういった作品に出演することはあまり多くなかったので、現場はすごく楽しかったですね。

――現場では紅一点だったと思いますが、どのような雰囲気でしたか?

女子が多い現場より紅一点やヒロイン的な役をやらせていただくことも多いので、そんなに抵抗はなかったです。あさこの夫・治を演じる野間口徹さんと、あさこのことが忘れられずしつこく訪ねてくる青年を演じた栩原楽人君は以前ご一緒したこともありましたし、現場は皆さん優しかったですね。それに、自分がもともと男っぽい性格なので、普通になじんでいたと思います。周りの男性陣はすごく個性的で、せりふの間の取り方などが上手な方が多かったのですごく勉強になりました。治の後輩役の川合正悟(Wエンジン チャンカワイ)さんがわりと女性らしい感覚を持ってらっしゃるので、2人でいるときはガールズトークをしていました(笑)。セットで撮影しているときは食堂があったんですけど、ちょうど撮影がクリスマスのあたりだったので、かわいいクリスマスの特別メニューがあったんです。チャンさんとは「クリスマスメニューがあるよ!」「これ食べる?」ってご飯の話もよくしていましたね。そこに野間口さんや今野浩喜(キングオブコメディ)さんもいらっしゃったんですけど、2人は対照的に「え、それ食べるの?」みたいなツッコミ型で。だから、完全にチャンさんと私が女子でボケで、野間口さんと今野さんが男子でツッコミのようなスタイルでした(笑)。バランスはよかったと思いますね。

――撮影現場ではご飯のお話もよくされたとのことですが、普段はどういったジャンルのものを召し上がるんですか?

ジャンルでいうとガッツリ系が好きですね。ナイフとフォークを使うのが苦手なので、古く年季の入った中華料理店とかにも行きますよ。担々麺と餃子とご飯を一緒に食べるのが大好きなんですよ~。若い女の子に言いたいですけど、ご飯はちゃんと食べないとだめですよ! 私も10代のころとかはダイエットを頑張っていたけど全然痩せなかったので、細胞レベルで痩せないことってあるんだなって思いました。大人になったら自然にちょっとほっそりしてきたりしたし、逆にダイエットしてるときって多分食べ物のことを考えすぎて痩せないんですよね。「ちょっと食事を減らしたから次は何食べよう」って思ったりとか…。本当にご飯は大事ですよ。この映画でも何気に動いてますからね。おなかが鳴る音が大きくてNGになることも結構あります(笑)。

好きなタイプは「武士みたいな人」

――本作にはタイプの異なる5人の男性が登場しますが、黒川さんご自身は5人の中では誰がタイプですか?

私は熱い人が好きなので、この前の取材では永島敏行さん演じる兼業ヤクザの“無制限の愛”がいいって言ってたんでけど、映画をもう1回見たときに、野間口さん演じるあさこの夫・治君ほど“諦めない愛”を持ってる人はいないだろうなって思って、治君に落ち着きました(笑)。やっぱりあさこと結婚しただけありますよね。私、心変わりしていてヤバいですね…。

――昔から熱い男性が好きなのですか?

それは変わらないですね。若いころと20代後半とでは情熱的のイメージは違うかもしれないですが。仕事に対しても熱のある人が好きですし、自分が結構そういうタイプなので、熱く語れる人がいいですね。

――草食系男子は苦手なのでしょうか?

はい(即答)。見た目では分からないですけど、目を見たときに大体読み取れる気がしていて。目を見て話したとき、真剣な人とそうじゃない人ってすごく伝わってくる気がするんです。だから、話したときに自分が負けそうになるくらい真っすぐで熱い人が好きです。わりと武士みたいな人が好きなのかもしれないですね。現場では、チャンさんとも好きなタイプを話した気もします。撮影は2年前なのでうろ覚えなんですけど…(笑)。

――子役時代から長く芸能界でご活躍されていますが、お仕事を続ける上で心がけていることはありますか?

6歳からこの仕事をしていますが、もともと女優だと知らずにこの世界に入りましたし、小さいころに吸収できることは限られていました。今は、すごく幅広く演じることをずっと心がけてきているので、ずっと1つの同じイメージにとらわれたくないって思いがあります。だから、役によって違う顔でありたいですね。たまに映画を見てくれた人から「よく分からなかった。気づかなかった」って言われることもあるんですよ(笑)。でも、気づかれないくらいでもいいんじゃないかなって思ったりもします。あと、見ている方を楽しませたいんですよね。ずっと応援してくれている方でもたまたま見た方でも、「こういう役をやってると思ったらこんな役もやっているのか。本当はどれなんだろう」ってぐらいの幅の広さはずっと持っていたいなって思います。

――最後に、これから映画をご覧になる方へメッセージをお願いします。

この作品は、話が進むにつれどんどん今までにない展開になっていくので、想像がつく作品よりも数倍面白いですし、ここまで気楽に見られる作品もなかなかないと思います。女性だったら「洋画のラブコメ見たい」とか、男性だったら「派手なアクション映画見たい」とか、何の気なしにサラッと見たいときに見てほしい映画です。多分たくさん笑っていただけますし、最後は爽快感があってスカッとするんですよね。タイトルはかなりインパクトが強いですけど、内容もすごく面白いので後悔はさせません。ただ、特に泣かせる映画でもないので、フラットに見てください(笑)。

 

PROFILE

黒川芽以●くろかわ・めい…1987年5月13日生まれ。東京都出身。O型。
1993年、子役としてCMでデビュー。2004年、『ケータイ刑事 銭形泪』(BS-i、現BS-TBS)でシリーズ3代目のヒロインを演じ、注目を集める。以降、若手演技派女優として数多くのドラマや映画、舞台等に出演しており、現在は出演作「かぐらめ」「忍者狩り」が公開中。映画「走れ、絶望に追いつかれない速さで」(公開日未定)が、第28回 東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で上映された。


作品情報

「愛を語れば変態ですか」
11月28日(土)より公開

監督・脚本:福原充則
出演:黒川芽以、野間口徹、今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(Wエンジン チャンカワイ)、永島敏行
音楽:西山宏幸
配給:松竹メディア事業部

【STORY】
ある平和な日常、郊外の住宅地で一組の夫婦がカレー屋の開店を明日に控え、幸せいっぱいに準備をしていた。そんな中、珍客が次々と現れる…。オレ様調のバイト志願者、レトルトカレーを開店祝いに持ってきた若者、全身傷だらけで1億円を抱えた不動産屋。なぜこんな不思議な人たちが集まってきたのか!? その答えを握っていたのは、妻・あさこだった! 世界中を幸せにするため、あさこが立ち上がる!

公式HP(http://aikata.jp/

(C)2015 松竹

 

●text/金沢優里 hair & make/山崎眞衣 styling/原田幸枝

 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える