• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

【インタビュー】“ひとり芸NO.1”の称号を懸け真剣バトル!『R-1ぐらんぷり2016』決勝進出者9人インタビュー

【インタビュー】“ひとり芸NO.1”の称号を懸け真剣バトル!『R-1ぐらんぷり2016』決勝進出者9人インタビュー

3月6日(日)に決勝戦の模様が生中継される『Cygames R-1ぐらんぷり2016』(フジテレビ系 後7・00)。そのファイナリスト9人が発表され、記者会見後に現在の心境や意気込みをインタビュー。お話を聞いてみると、それぞれが抱く大会への熱い思いや出場までの経緯、さらにはファイナリスト同士の意外な関係性などが見えてきました。

Aブロック

エハラマサヒロ

『R-1』をきっかけに売れた芸人になりたいです

――今年こそ優勝したいという思いはありますか?

 7年かかってますからね。たまに「優勝してなかったっけ?」と言われるんです。最初2年連続で準優勝しているので、その印象がだいぶ強いのかなと。それからすごい常連って言われるようになったんですよ。けど3年連続出ないこともあって、『R-1』常連と言われるのは恥ずかしかったんです。なので、もうそろそろ称号は必要かなと。あとまでずっと響きますからね、何年も。

――今回はトップバッターですが、その厳しさは感じますか?

 めちゃくちゃ厳しいですよ。ただ今年はキャラクターそろいすぎてるから、正直ザコシシショウさんの後なんて、絶対ステージに空気感が残ってるから一番よりも嫌かもしれないです。だから白の状態から出れる1番というのは、もしかしたらいいかもしれないですね。そういうポジティブな考えを持って、自分をなぐさめてるんですけど(笑)。

――優勝したらやりたいことはありますか?

 僕は『R-1』という大会を愛してて『R-1』に恩恵を受けて仕事をもらえるようになって『R-1』があったからメシを食えるようになったんです。だからこの大会がすげえいい大会であってほしいんです。なので僕が優勝したあかつきには、絶対売れたいんです。みんなが認める売れ方をして『R-1』をきっかけに売れた芸人になりたいです。正直、優勝してもあまりぱっとしないことが多いじゃないですか。チャンピオンの不遇が続くと、出場しない人が増えていくと思うんです。そうすると層が薄くなって、出場する恩恵も少なくなる。けど、チャンピオンがバーンと売れたら、あの売れ方したいって絶対思うじゃないですか、そうなりたいです。

――出場者の中でもエハラさんが一番『R-1』への思いが強いように感じます

 強いですよ。でも正直、やめようとしたときもありました。毎年ルール変わるしね(笑)。けど、やっぱり、耐えて耐えて、なんとか去年決勝行ったときに、やっててよかったなと思いました。僕の中の理論ですけど、怖いとか、悔しいとか、痛い思いをする、緊張する場所に、1年1回は立たなければいけないと思うんですよ。何年も芸人続けてたら、ビビるような仕事がなくなるんですよ。ただ『R-1』は毎年怖いんです。この時期になると毎年そわそわして、ほかの仕事に手がつけられないくらい『R-1』中心の生活になっちゃう。そういう舞台があるのは貴重やと思ってて、だから、自分の精神を鍛えるためにも、すごくありがたい思いをしてるなって思ってます。

――最後に意気込みをお願いします

 去年は『R-1』ファンの人、ずっと見ててくれた人をだいぶ裏切ったんですよ。エハラはちゃんと構成したコントを見せる人という意識があったそうなんです。けど、去年のネタをやったことで「ちょっと残念やったわ」って言われたんです。あのときは「今年しかこのネタをできない」と思ってネタを決めた部分があったのですが、ちゃんとしたコントを見せたいという思いもありました。なので今年はちゃんとコントでいきたい。ファンの方の信用を取り戻したいと思ってます。


小島よしお

自分の最高のパートナーを見つけました

――戦う上で不安はありますか?

 不安はないですね。なぜなら僕が1発屋としてやってきたので、その経験を経て、さらに自分の中で円熟した部分と新しい武器を準備して挑むので、負けません。

――服を着た安村さんにも負けないと

 絶対に負けません!もう服を着ちゃってるんですから、絶対負けません。

――安村さんは「小島さんも服を着ていたい時期がある」とおっしゃっていました

 僕は服を着ている時期に調子がよくなかったんですよ。だからこそ言ってるわけです。脱ぎなさいと。実際に服を着て『R-1』に出たときに3回戦で敗退しましたから、その経験があるからこそ、なぜ脱がないのかと。正直、安村さんは服を脱いでるときが爆発力あったんじゃないかなと思います。あと、安村さんがやってるラジオにゲストとして、同じ裸として呼んでもらったとき、安村さんは裸でやってたんです。ラジオなのに。さすがだなと思ったんです。けど、今はあのときの安村さんどこ行っちゃたんだろうと。怒りというか、目を覚ましてほしいですね。

――安村さんはこの大会を機に今後も服を着ていきたいと話していましたね

 今は本当に洗脳されてるなと。目を見たときにこれは何を言ってもダメだと思いました。これは時間と周りの人の援護というか、介護が必要だなと思います(笑)。僕が今回『R-1』で結果を出して、安村さんを救いたいなと思います。

――今回はどんなネタをやるんですか・

 ピン芸人というのは相方がいないので、音だったり、小道具が相方になってくると思うんです。今回のネタは自分の最高のパートナーを見つけられたんじゃないかなと思ってます。新ネタというよりも、今まであったネタをイノベーションした感じです。ネタが古い古いと言われがちですけど、古いとかを飛び越えてアンティークの世界に入ってきたなと思いますね。熟成されたというか、北欧の家具のイメージで、いきたいなと思っています。

――視聴者の方にメッセージをお願いします。

 視聴者の方が僕を見て、9年前に何をしていたのかなってフィードバックしながら見ていただいてもいいと思います。そういう意味では、単純にネタの面白さだけでなく、僕というフィルターを通して、自分を振り返っていただけたらなって思います。


シャンプーハット こいで

『R-1』の舞台は僕にとっての新境地

――普段コンビでやられていますがピンでネタをやる違いはなんでしょうか?

やっぱり、1人って心細いなって思いますね。僕がしゃべり出さなければネタが始まらないということやから、ひと言目を忘れたらもう終わりですからね。決勝の舞台ではひと言目を必ず覚えて出たいと思います(笑)。

――優勝を勝ち取る秘策などありますでしょうか?

 いろんな大会のMCの方に聞いたんですけど、緊張した芸人は口が臭いって聞いたんですよ(笑)。だから口さえ臭くならんかったら落ち着いてる証拠なんで、臭くならんように気をつけたいです。

――『R-1』に出場することで期待している部分はどこでしょうか?

 ほんまの新境地なんですよ。関西ではけっこう出てるといっても、関西で僕はピン芸しているわけでもないので、逆に関西の人間も、僕が1人で何やるねんって思ってると思います。だからまあ、新境地を拓くというのと、東京の人にも顔をまず覚えてもらえるというのはすごい大きいですね。

――今回ストレートに決勝進出を決めたコンビの方はこいでさんだけですね

 そうですね。ピンの人は仕上がりがすごいなって思います。ネタの隅々まで全部仕上がってるなあって、見てて感心しますね。けど普段は5分とか10分の出番でやっているのを3分にしているので、みんな四苦八苦してると思うんですよ。だから条件的にはみんな難しいのは難しいはずですし、僕は「コンビやから不利や」って言い訳もできるなあと。

――同じ関西勢ではおいでやす小田さんも決勝進出を決めました

 小田は芸人の中では、ちゃんと劇場でもウケるし、おもろいネタも何本もあるけど、なんか1個足らんっていう感じのやつだったんです。それが、今回1個足りた。大阪でも小田は知名度あんまないのに、予選であんだけウケてるから、東京でも決勝でも関係ないと思うんですよ。だから楽しみなやつですね。

――小田さんはこいでさんと被らないように出番を選んだとおっしゃってました。関西勢がそろって最終決戦に挑む姿が見てみたいです

 あいつは夢を見るやつですからね(笑)。まあでも、それはすごいうれしいですし、ホンマにそうなればいいなって思ってます。

 

【Bブロック】ハリウッドザコシショウ/おいでやす小田/横澤夏子インタビュー

 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える