• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ここまでストレートに等身大の歌詞を書くのは初めて」DOBERMAN INFINITYインタビュー ニューシングル「いつか」リリース

「ここまでストレートに等身大の歌詞を書くのは初めて」DOBERMAN INFINITYインタビュー ニューシングル「いつか」リリース

4月13日にニューシングル「いつか」をリリースするDOBERMAN INFINITYからメッセージが到着。楽曲に込めた熱い思いや、今後の野望までたっぷりと語ってくれた。

P-CHO「ここまでストレートに等身大の歌詞を書くのは初めて」

──サードシングルのタイトル曲「いつか」は、デビュー当初から制作を開始して約1年半もの時間をかけて完成させたそうですね。具体的にどのような過程を経てでき上がった曲なのか教えていただけますか。

GS:DOBERMAN INFINITYの結成当初に掲げた、全国アリーナツアーという夢。そのステージに立った日を想像して、未来の自分たちから今の自分たちへエールを贈ることをコンセプトに作った曲なんです

SWAY:ファーストシングルの『SAY YEAH!!』よりも前に、ある程度は形になっていたんですよ。そのタイミングで発売しなかった理由はいろいろあるんですけど、振り返ってみると『SAY YEAH!!』と『JUMP AROUND ∞』、そして『THE LINE』を経てリリースするから光る曲なのかなと感じています。

KUBO-C:リリースが決まってから、かなりブラッシュアップしましたね。歌詞を整え直したり。

KAZUKI:サウンド面の変更点も結構あって、何回もトラックメイカーさんとやり取りしました。

P-CHO:SWAYが〈未来へカウントダウン〉って歌ってるところも、音のブラッシュアップを経てダブステップっぽいアプローチに変えるアイデアが生まれました。

──曲のテーマがDOBERMAN INFINITYが掲げた夢と直結しているので、どのタイミングでリリースするかも重要ですし、思い入れは相当強くなりますよね。

P-CHO:そうですね。ずっとタイミングをうかがっていましたし、ここまでストレートに等身大の歌詞を書くのもDOBERMAN INFINITYとして初めてのことでした。裸のままでメッセージを伝えられているので、自分たちがもっともっと頑張ってこの曲の説得力が増すようにしなきゃならないなとリリース前から感じています。

──歌詞の中で、個人的に好きなフレーズや印象的なフレーズはありますか?

KUBO-C:〈勝つまでやれば負けないから〉っていうところですね。実は僕らがDOBERMAN INCからDOBERMAN INFINITYとして活動していくことになったときに、HIROさんからメールでいただいた言葉なんです。その言葉が、ずっと心に刺さっていました。この『いつか』の歌詞に入れることができて、あらためて重みを感じました。

KAZUKI:ブリッジの〈今分かったんだ回り道も その全てが今日のためだったってコト〉ですね。自分たちで言うのもおこがましいんですが、メロディに乗せた言葉のハマり具合もバッチリで、MVのこの部分がまた素晴らしいんですよね。

P-CHO:〈今が作る未来〉という歌詞ですね。僕たちもDOBERMAN INCからメンバーが脱退した当時は、今のようにDOBERMAN INFINITYとして活動している未来なんて想像できなかったですから。でも、過去に〈今〉を必死でもがいていたから、この未来があることも実感しています。仮にまだ夢が見つかっていない人でも、その今が未来を生み出すんです。そういうメッセージも込められたこの歌詞が気に入ってます。

SWAY:ちょっと現実味があるなと思うのが〈結果が全てじゃない けど結果が全てのLife〉という歌詞。きれいごとだけじゃ済まされない現実は、活動してきて痛いほど感じているので。

GS:僕はサビの最後の〈必ず会おうこの約束の場所で〉ですね。自分たちへのエールだけで曲を完結させるんじゃなくて、発するメッセージが誰かの心にも届いてほしいという思いがあったんです。ファンの皆さんを巻き込んで〈必ず会おうこの約束の場所で〉という言葉で曲の最後を締めくくれたのは、ばっちりだったかなと。

──Aメロに〈古いカレンダー 六月に付けた印〉という歌詞がありますが、その真意はやはり?

KUBO-C:そのとおりです!

GS:結成と同時にアリーナツアーを目指そうと目標を掲げたので、その気持ちを持ってスタートした6月に印って意味ですね。

KAZUKI「MVはGSさんとKUBOさんのシーンにグッときました」

──「いつか」はMVも録っているそうですが、見どころを教えてください。

GS:まずは初めてのストーリー仕立てという点が見どころですね。

──具体的には?

GS:自分は子供のころからスケボーをやっていて、そこから音楽と出合って、見よう見まねでラップして、クラブでもマイクを持つようになった。そうやって段階を踏んで今アリーナを目指すところまで来たと思うんです。今作のMVでは、小さいころから何かしら夢に向かって突き進んできたメンバーそれぞれのストーリーが描かれています。

KAZUKI:GSさんとKUBOさんの少年時代のシーンがあるんですけど、そこが好きなんですよね。アーティストのライヴを観るためにコソっと侵入するんですけど、警備員さんに見つかってしまうんです。その直後に、時を超えて大人になった僕たちが同じ会場の廊下を歩いて来るんですけど、そこに歳を重ねた同じ警備員さんがいるんですよね。このシーンにグッときちゃって。さっきも“好きな歌詞のフレーズは?”って質問で少し触れましたが、そのシーンがちょうどブリッジのところなんです。

GS:今までのMVみたいな強いリップではなくて、語りかけるようなリップも初めてでしたね。新たなMVが出来上がって自分たちでもワクワクしています。

──皆さんにうかがいますが、アリーナツアー以外で〈いつか〉やってみたいことってありますか?

GS:DOBERMAN INFINITYってグループが、ひとりでも多くの人の記憶に残るグループになれればって思いますね。「DOBERMAN INFINITYの音楽があるから日々楽しく生活できてるよね」って言ってもらえるようになることが、表現する者としての夢ですね。

KUBO-C:DOBERMAN INFINITYというグループから派生した何かはやりたいですね。服のブランドなのかプロデュースワークなのか分からないですけど、漠然とした思いはあります。

KAZUKI:どうしても音楽絡みの目標になってしまうんですけど、いつか1曲をとおして自分で曲を作ってみたいとか、楽器が上手に弾けるようになっていたいとか考えちゃいますね。DOBERMAN INFINITYに還元できることや音楽人としての幅を広げていけることは、無限にあると思っています。

P-CHO:全国アリーナツアーが叶ったときに、次の〈いつか〉をみんなで見たいですね。あとは、アコースティックライヴみたいなこともやりたいというか。ゆっくりラップしたり、そういう大人なライヴもいつかやってみたいです。

SWAY:アリーナツアーを叶えたら2週間ほど休みをいただいて、『JUMP AROUND ∞』のPVを録ったLAにプライベートで行きたいですね。

全員:行きたい!

SWAY:前回一緒に行ったスタッフさん含め、もう一度みんなでね。撮影のときはスケジュールがびっしりで、ほかに何もできなかったので、ベニスビーチでビールでも飲みながら思い出話がしたいです(笑)。

GS:個人的にもう1つ、ホノルルマラソンに出てみたいです。

SWAY:急に個人的な(笑)。じゃあ僕らは応援しに行きますよ!。

KUBO-C:ゴール手前でビールを飲みながら待ってるよ(笑)。

GS:ゆくゆくはファンクラブのみんなと走りに行くって企画もやってみたいですね。みんなでホノルルまで走りに行くっていう。

KUBO-C:俺も走らなきゃいけないんだったら遠慮しようかな(笑)。

KAZUKI:僕はバイクで先導するペースメーカー担当でお願いします(笑)。

SWAY:走るとなると、意外と参加者が増えなかったり…(笑)。

GS:でも、DOBERMAN INFINITYが一緒に走るなら挑戦してみようと参加した人が完走したときの達成感ってとてつもないパワーに変わると思うんです。あとは、できないことに挑戦する自分の姿も見てもらいたいんですよね。俺みたいな小さな存在でも、できないことに挑戦することで勇気を与えられるかもしれないなと。自分自身も未知な領域なので、一生に一度は挑戦してみたいです。

 

プロフィール

DOBERMAN INFINITY●どーべるまん いんふぃにてぃ…ラッパーのKUBO-C、GS、P-CHO、SWAY、ボーカルのKAZUKIからなるユニット。ライブツアー『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2016 “THE LINE”~TO THE NEXT~』が開催中。

 

リリース情報

DOBERMAN INFINITY

「いつか」
2016年4月13日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD)1,750円+税
通常盤(CD)1,111円+税

公式HP(dobermaninfinity-ldh.jp/


●構成/多田メラニー

 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真